Avernum3:Ruined World発売

divinity002062.jpg
買ったど~

ふと気が付いたらもう1月も終了。そして最後に確認したときは、2018年上旬発売予定となっていたAvernum3:Ruined Worldが、1月末にて発売されておりました。これは意外だ。上旬発売予定ならてっきり春くらい、もしくは夏くらいまでずれこむというのが多いのがゲーム業界の常なので、それぐらいまでじっくり待つ予定だったのが、不意を突かれた格好です。うれしいけどやる体勢がまったくできてないぜ。それでも絶対にやりたい作品なので、購入はさくっと。あとは時間の確保ですな。

ファックマン氏は今も精力的に活動を続けられており、Tyrannyの日本語化がもうすぐ終わろうとしているそうで、そっちもかなり気になります。Hardwestなどの日本語化までされていて、ほんとすごい活躍っぷりです。翻訳してる人の労力にくらべれば、プレイする時間の確保なんてなんとでもの精神で頑張っていきます。
[ 2018/02/01 22:05 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(2)

年末

あっという間に年末になりました。Steamのウインターセールも始まっていますね。ノートPCでそれらを眺めて情報を得たり、ちびちび遊んだりしています。でも根本的に時間がないよっていうね。

今年は環境が激変して実に困った年になりました。6月からの半年がねえ。月の残業時間が100時間オーバー連発とか、15連勤をやったとか、どれもこれも楽しい思い出ばかりです。人手不足の時代に効率化も考えず、こんな事をしてる企業はやがて淘汰されるのでしょうが、その前に自分を守らねば。というわけで今も生存をかけて頑張っています。

ゲームはやはり軽めのものしかやれないという状態が続いており、その条件でいろいろ物色もしています。2018年の個人的楽しみはAvernum3:Ruined Worldで、これはウィッシュリストに入れて楽しみに待っています。動作的には軽くてノートでも楽々だろうから心配ないけど、ボリュームはずっしり重いからそこが心配といえば心配。

とにかく前途多難ではありますが、2018年もできるかぎり洋ゲー生活を楽しんでいこうと思います。

[ 2017/12/31 09:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

Arcane Quest 3

divinity002058.jpg
リハビリ中

状況は相変わらず。しかしゲームをしたいという気持ちはあり、いろいろと試行錯誤しています。デスクトップにはどうにも座れる時間が取れないので、モバイル方面に活路を見出すしかないのですが。ノートやタブレットで遊べるようなものを物色しています。いつかはゲーミングノートにでも手を出す事になるかも。


divinity002059.jpg
洋ゲー的おっさん

そうして物色を続け、たまにはwindowsストアにも手を出してみようと、Arcane Quest 3なるタイトルをプレイしてみました。基本無料ゲーなので課金圧力がどんなものかは気になるけど、まあ最近はそこまでエグいことはないだろうしやってみようと。

スタートして現れたプレイヤーの分身となるキャラクターは、ハゲ、ヒゲ、マッシブと三拍子そろったバーバリアン。なんだろうこの安心感。俺は今洋ゲーをしているんだという思いが全身に溢れます。今の時代、洋ゲーもここまで典型的なのは減ってきてるから、けっこう貴重だぞ。


divinity002061.jpg
内容は素直

ゲーム内容の方はターン制のシミュレーションRPG。ダンジョンの中を歩き回り、敵を倒し宝を拾い、階段を下りれば次のフロアに。あらかじめ設定された数のフロアを踏破してボスを倒せば、そのエリアはクリアという実に分かりやすいもの。この手のゲームにありがちな、敵がいない区間の移動の面倒さも、全員を同時に動かせるモードにワンタッチで切り替えられる便利設計になっています。

パーティーキャラクターには装備、レベル、スキルなどのRPG的成長要素はすべて揃っており、この辺も素直でわかりやすい物になっています。ちょっとあっさりすぎるかなという感触もありますが、今のような疲れた体には丁度いいかも。しばらくこちらを続けてみようと思います。
[ 2017/10/14 22:47 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

生存報告

divinity002057.jpg
超やりてえ

生きてます。ギリギリ。しかしまるで時間がない日々が続き、ブログも放置状態で申し訳ないばかり。長時間残業+遠距離通勤のコンボで、徹底的に時間を削り取られてしまっています。晴耕雨読が理想のスタイルなのに、どうしてこうなった。世の中の人はもっとハードな人もいるのでしょうが、残業時間オークションバトルに参加するつもりもないし、効率化と改善に奮闘し、さらに一応転職サイトに登録しつつ、時間確保を目指しています。

そんなわけで、Divinity:OS2が発売された事にも発売後しばらくしてようやく気が付きました。キックスターターに参加してたから製品版も所持済みになっており、いつでもプレイできるのにできないという地獄です。レビューを読むと前作と同等かそれ以上にデキもいい傑作みたいですね。やりてえ。仕事やめてやりてえ。

安定した更新再開にはまだまだかかりそうですが、やめる気はないので、いつか来るその時をお待ちください。とりあえず生存報告でした。
[ 2017/09/29 20:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Geneforge 3 その8

divinity002053.jpg
ここは激戦区

Geneforge3を続けています。だがしかし、最近になって激務な部署に移ってしまい、リアルがかなり大変な状況に。週1で休めればいいかな?という勢いで進行が極端に鈍っています。どうなることやら分かりませんが、今後は更新のペースもこれまで以上に落ちてしまいそうです。そう言っといて急に毎日更新になったりするかもしれないけど、その時は事情を察してください。

そんな厳しい状態に合わせて、作品の方も激戦に突入しております。Greiner将軍は率いる軍勢に進撃の命令を出し、その先の各エリアでは実際に味方の部隊と力を合わせながら進んだり、ピンチになっているのを助けエスコートしたりと、多対多のイベントが連続で起こります。敵の方もそれに合わせて強力そのものになっていて、もうラストの盛り上がりのような雰囲気。

ここではSpharonと名乗るShaperと対決、元々がマッドサイエンティスト気質で危険な人物だったのが、Litaliaからさらなる力を受け取ったそうでやる気満々で襲い掛かってきました。Canisterでのドーピングしすぎで肌の色も変わってしまった彼女、強化の成果か本体もお供も全員がボス級の強さで攻撃をしてきます。さらに本体を追い詰めて倒そうとしても、すぐに傷が塞がってしまうというチートっぷり。これがLitaliaから受け取った力のようですね。どこかに力の源があるのを探しだす事ができれば倒せそう。



divinity002054.jpg
報酬もすばらしい

彼女を倒した後に手に入ったマント、もりもりとスキルの修正がついているとんでもない装備です。耐久力に行動速度、回避とどの職業にも必要なスキルがずらり。これだけでスキルポイントにして20近い価値がありますね。この後どういう装備が手に入るかにもよるけど、最終装備になりそうな予感。



divinity002056.jpg
いよいよDraykとも遭遇

仲間達と戦いながらいくつものエリアを抜けて、敵の本拠地があると思われる所にまでやってきた主人公。研究設備が立ち並ぶ中で数体のDraykと対峙しました。こちらも毎回中盤を過ぎて終盤に入ろうかというあたりから出始めてくる強敵です。人間には敵対的でありLitaliaの息もかかっている様子で、今回の敵サイドはこれまででいうTakersの新世代タイプという所ですね。道理であんまり馴染めずにShaper側につく選択肢ばかり選んでしまうと思った。

Draykは攻防ともに高性能で、特に火炎レジストが非常に高くそれが主戦力だとけっこう苦労します。ただ今回はこちらの攻撃が全く当たらないというような、前作での脅威の回避力は抑えられていてなんとかなりそう。ダメージが通りにくい場合は近接攻撃も入れて囲んでしまいましょう。
[ 2017/06/17 22:47 ] Geneforge 3 | TB(0) | CM(0)