Avadon その22

今日もJhereth Deepsの探索を続けます。しかしOgreの本拠地らしきものは未だに見当たりません。とにかく隅々まで歩き回っていきます。



divinity000409.jpg
見落としていた小さい洞窟にはいると、突然声をかけられました。

「どこに行ってたんだい?あのOgreどもが・・・」
誰か仲間と間違えているみたい、仲間じゃなくて旅の者ですよと説明しようとしたとき、相手が誰なのか気づきました。 Neray、前回Kvaに行った時のWretchのミッションで、Wretchに武器を流していた賊です。足に怪我をしているみたいで包帯を巻いていますね。

向こうもこちらが誰か気が付いたようで、またも近くにあったトラップドアを開けてそこに飛び込んでいきました。今度は逃がさん! 走りこんでトラップドアを掴むと、幸い鍵をかける暇はなかったようです。罠の可能性も考えましたが、完全に不意打ちだったというか偶然の結果だったのでたぶん大丈夫。こちらも飛び込んで追いかけます!



divinity000410.jpg
下りた洞窟は上に比べるとかなり広め。

しかしどこか別の出口に出られるという訳ではないようで、やがてNerayを追い詰めました。前回と同じように棚には武具が並んでいるところを見ると、ここでも闇の武器売人をやろうとしてたみたいだな。話を聞くとまさにその通りで、今回はOgreに武器を売りさばいていたのですが、連中の粗暴な性格を見逃していたようで、自分のことを知らなかったOgreの1体に投石を食らって怪我をしたのだと言います。

年貢の納め時ってやつだな。しかしNerayは金を払うからこちらを見逃してくれないかと提案してきました。見逃してくれればここを離れて二度と戻ってこないから、殺したという事にして賞金も受け取ってくれればいいと。

「それで争いは終わり。全員が特をするだろう? あんたも殺されるリスクを負わなくていいし、いい取引じゃないかい?」
ん?殺されるリスク? Hand3人に勝てると思ってるの? それを指摘すると、Nerayはこの洞窟自体が既にトラップになっていると自信満々です。態度を見てるとまったく反省してないし、HandやAvadonを何ほどの物とも思っていないのが透けています。これは見逃しても何度でも同じ事をするわ。決めた。こちらの返事はNOです。

返事を聞いた途端、素早い動きで何かのポーションを飲み、続いてホイッスルを吹き鳴らすNeray。すぐに通路から仲間の賊や猛獣が殺到してきました。彼女自身もポーションの効果か、身体能力が急激に上がり、足の怪我も全く気にしていない様子に。これがトラップか。Handを舐めるな!

さすがに自信ありげなだけあって、多数の増援に囲まれての乱戦になりましたが、個々の能力ではこちらの方が上です。倒せる相手から確実にしとめて数を減らしていき、やがて取り巻きが居なくなって一人になったNerayも、こちらの刃の前に倒れました。これで少しはWretchやOgreの活動も弱まるといいのだが。



divinity000407.jpg
それにしてもOgreの本拠地が見当たりません。ひたすら進んでいると巨大な神殿のような建物が現れました。

中にはいると灼熱の外とはまるで質の違う冷気が漂っています。油断せずに進んでいくと、やがて目の前に冷気をまとった青色のドラゴンが現れました。ここでドラゴンに会うとは意外だ。戦うとなると相当やっかいなことになりそうだがどうなるかな。

話しかけるとこのドラゴン、Zephyrinは、敵対的というわけでもなく普通に返事を返してくれました。無意識にこちらを操ろうとしてくるとか油断できないところも見せてくれましたが、一応敵ではなさそうです。何をしにきたのか聞かれましたので、同族のドラゴンが絡んでいるといったほうが話が通じやすいだろうと思い、Zhethronと彼の身に起こった事件の事、そのためにここにOgreを探しに来た事を説明しました。

「何ですって? あのOgreどもが私の同族を襲ったの? よくもそんなことを! そんな事一言も聞いていないわ!」
予想以上の激怒を見せるZephyrin。そしてさらに話を聞くと、彼女はOgreとも関係しており、いくらかの協力をし、その支払いにこの建物を建てさせるなどの取引をしていたことが判明しました。とは言え、あくまで対価を支払っての取引で、同盟までは行っておらず、激怒した彼女はその関係をすっぱり断つと咆哮をあげました。


divinity000408.jpg
入り口を教えるというZephyrinについていきます。

この入り口を隠したのがZephyrinの力で、それが取引の一部だったみたいね。彼女がそれを無くそうとしたのなら、もはやOgreには止める手段はありません。今まで探しても見つからなかったOgre本拠地への入り口がとうとう道を空けました! 何が待っているかはわかりませんが、ここまできたら任務を進めるのみ。突入します!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/02 18:39 ] PCゲーム Avadon | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/98-dd531cf8