スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fearless Fantasy 買ってしまった

奇ゲー、Fearless Fantasyがいつの間にか発売してたよ。Steamで発売記念の割引があったから突撃してみることにします。


divinity000361.jpg
見た目からして既に奇ゲーです。

ゲーム内容は戦闘メインの面クリア型RPGとでもいいましょうか。ステージを選択すると即戦闘画面に入り、数ウェーブに分かれてやってくる敵を全部倒せばクリアになります。Flashの無料ゲーRPGでわりとよくあるスタイルかな。売りなのはその戦闘システム、攻撃を選ぶと選んだ攻撃方法に応じて、画面内に画像のような矢印がでます。それを上のゲージがある間にマウスでなぞれば攻撃になり、素早くしたり正確にすれば、より強力な攻撃ができるという仕組み。

音要素はないけど、音ゲー+RPGみたいな、戦闘内にミニゲームを組み合わせたようなものと思ってもらえばいいです。On the Rain-Slick Precipice of Darknessの1や2が近いかもしれません。いや、余計解り難くなったか。


divinity000360.jpg
主人公、なげやり感がすげえ。あと見た目が悪い意味じゃないけどうざい。

英語は音声+文章の自動送り。音声も悪い意味じゃないけどうざい。絶対テキトーに収録しただろみたいな。ただうざさも合わせての奇ゲーなので、合っているといえば合っているとも言えるかな。もしかしたらパロディ元の同じ頭文字の某ゲームを皮肉っているのかもしれない。

英文は少なく、面クリアタイプという事で選択肢や長い会話も無く難易度は低め。英語がわからなくて全スルーしても楽しめると思います。あとクリアしたステージを何度でもできて、見ようと思えばその度に会話を見る事もできるから、自動送りが苦手な人も平気です。


divinity000364.jpg
ショップもあるでよ。

メニューからいつでも入れるオンラインショップ。ほら、奇ゲーだし。ケータイとか普通に出てくるから。同じ面を何度でもできるので、お金は有り余るのですが、一度にもてるアイテム数の制限は結構厳しいので、アイテム使いまくりでゴリ押しはできません。意外と考える必要があります。


divinity000365.jpg
ウェーブの最後にはボスキャラや強敵が登場。

まだ慣れていないせいもありますが、難易度は結構な高さ。敵から食らうダメージは全体的に高く、ウェーブを通して体力や状態異常の自動回復はないので、限られたアイテムを配分しながらマラソンのような戦いをしていくことになります。ボス戦にたどり着いた時点で満身創痍とかザラ。マウスさばきの練習が求められます。難易度は落とせるので、エンディングまでいけないという事はないはずですけど。

解像度がゲームプレイにかなり影響を与えるので、これをもっと自由に変えられたらよかったんだけど、ウインドウモードが1種類と、フルスクリーンが2種類の中からしか選べないのがちょっとしんどいかな。


divinity000363.jpg
なんとか撃破。

「靴下に穴があいていたせいで負けただけだからな!」

このセンス。この顔グラ。たまんねえ。
知らない間に数時間プレイしていたので、自分のツボを突かれてハマっていたみたいです。奇ゲー好きなら買い。あとシステム面も何気にまじめに作ってあるので、戦闘+ミニゲーム系の軽いのがやりたい人が手を出しても大丈夫だと思います。たぶん。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/20 20:37 ] PCゲーム Fearless Fantasy | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/88-753c1239


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。