FC2ブログ








難関のフルコース

divinity002802.jpg
クリスタルを集め終わると。次はコントロールキューブということでまたダンジョンへ。

マイトマ6を続けています。年内いけるかと思ったけど、地獄ダンジョンの猛攻に苦しめられているので無理そうな感じ。気分を変えて年越しマイトマを楽しむ方向で行きましょうかね。2021年をマイトマ6と共に迎えるのは自分くらいのものだろうけど、それもまた乙という奴です。

進行の方は、地獄ダンジョンのアラモス城をやっとの事で超えました。いやきつかった。最近はひとダンジョン終える事にきつかったきつかったと言っている気がするけれど、とにかく厳しい戦いが連発なのです。このダンジョンでは前回も書いたフライングアイ系がとにかく厄介で、その処理にひたすら苦労をし続けていたわけですが、その中で土属性魔法が意外な活躍をしてくれましたね。土魔法のロックブラストはファイアボールと同じで命中した所で炸裂するタイプの範囲攻撃魔法、近距離だとこちらまで巻き込むので危険ながら、距離を取って近づいてこないタイプの敵集団には実に有効な攻撃手段となります。

また土属性魔法はこれ物理扱いになるのかな?ファイアボールなどだとレジストされてなかなかダメージが通らないこのフライングアイ系にも、結構なダメージを与えてくれます。土魔法には相手の体力を割合で削り取る魔法もあり、普段は地味でも思わぬところでいぶし銀の活躍を見せてくれますね。風魔法ほどに使い手を増やす必要はないとは思いますが、一人ぐらいは入れておくと何かと助かります。

4つ目のクリーグスパイア城もなんとかかんとか攻略。ここはミノタウロス系の敵だらけのダンジョンで、魔法だ飛び道具だとかではなく、シンプルに直接攻撃がきついというエリアです。だだっ広いホールで戦う前までのダンジョンと違い、わりと狭めの通路や部屋が戦場になっていますから、こういう地形では壁に引っ掛けての爆発弓作戦が有効ですね。爆風は数ポイント程度しかダメージが入らないけれど、何しろ弾数無限。殴り合って血反吐まみれになるよりはましだと、ボタン押しっぱなしの放置作戦で、見えない所にいるミノタウロスを1匹1匹片付けていきます。



divinity002803.jpg
ピラミッドだ。少し方向をずらすとドラゴン10匹単位に襲われます。

クリスタルを揃えてエンロスの巫女の元へと戻ると、続いてはこの施設の奥に入るために必要なアイテム、コントロールキューブを手に入れてくるようにと指示がでました。目的地はドラゴンサンドにあるヴァーンの墓。むむ、ドラゴンサンドか。ドラゴンがそこら中を飛び交っている超危険地帯で、フライで突っ切ったことはあるけれど、立ち止まると一瞬で殺されるような場所でした。今なら通用するのかな。

早速ドラゴンサンドへと向かい、フライで移動。ちなみにドラゴンは4つのダンジョンを踏破して鍛えに鍛えたパーティーでも、やや無理がある難易度でした。1体ずつ引き寄せて戦えば勝てるけれど、3体も同時に相手にしたら勝ち目なしという塩梅なので、やはりフライで突っ切るしかなさそうな感じです。ただ空を飛ぶ奴はべらぼうに強いけれど、地面だけを歩くタイプのはスターバーストやメテオがいい感じにヒットする事もあり、まだ倒しやすい相手ですね。幸いこの二種族は生息地が離れているので、歩行タイプのだけを相手にして稼いだほうがいいと思います。ドロップはどちらもそれほど変わらなさそうな感じで、十分に最終装備級の物が狙えます。

そうしてひとしきり陸上タイプのドラゴンを狩ったところで、砂漠のピラミッドとして存在感をもって佇むヴァーンの墓へと突入。はい、当然のごとく地獄でした。これまでの4ダンジョンをも超えるくらいの広さな上に、遮蔽物がない広間タイプのダンジョンの中、多数の敵から遠距離魔法を撃ちこみまくられるという一番苦手なタイプの構成です。今までの予感からして難易度が上がる事はあっても下がる事はあるまいと覚悟を決めていたつもりでしたが、その覚悟すら生ぬるかったということか。



divinity002804.jpg
スパーク他魔法の通用しない敵に大苦戦

ここの敵は、今回初登場となるガーディアン系がメインになっており、これもまた苦戦の原因。撃ってくる大火力の魔法弾が自然属性ではないようで、レジストが稼ぎづらく少し立ち止まると死ぬような威力。さらに本体の耐性もアホほど高く、最上位のガーディアンは物理以外全て無効、つまり主力のスパーク他散弾魔法が通用しません。きつい、きつすぎる。この作品、物理攻撃が弱く、ステータスでダメージの底上げもほとんど乗らないのもあって、終盤でも武器のダメージ分のダメージしか与えられないんですよね。5D*3+10とかそういうレベル。一発で20くらいのダメージ量で、敵の体力が700、800とかなので、そりゃあもう厳しいです。

ここで脚光を浴びたのが闇魔法のシュラップメタル。これ物理属性ですね。前も書いたけれど、スパークと同じ散弾系の魔法なので密着撃ちの一発で、ウチのパラディンの物理攻撃10回分くらいのダメージを奪う事ができます。欠点としてMPの消費量も非常に高く、連発するとあっという間に魔力が枯渇するので、そこだけは注意が必要。とは言ってもここまでの難関になると1,2戦程度ですぐに街に帰ることになるから、そこまで困る事はありませんけどね。。

敵弾の雨の中を走り寄って密着し、魔法連発。そして死ぬ前に離脱してまた回復。すっかり慣れたこの作戦でなんとか道を切り開いていきます。闇と光の魔法は、アーチャーやドルイドの兼業クラスは使えないので、使い手のメイジをパーティーに入れてなかったらどうなっていたことやら。見せ場を得たメイジの大活躍を見守りながら、超難関をつき進んでいきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/12/22 11:27 ] PCゲーム Might and Magic 6 | TB(0) | CM(2)

わたしも 2020/12/31 やってます。

2020年の年の瀬に MM6 をやっている方が他にもいるんですね。
1998に購入してから、途中 18年くらい放置してあったのですが、時代が Win10 になってからXPモードで動かしたところうまく動いているので、2017くらいから 思いつくと 1~2週間 遊んで疲れてまた来年って感じです。
操作方法やどこまでやったかを思い出すして、軌道にのるまで 3日くらいかかりますが (笑)
購入したときに作成したパーティーのままでやっています。
私は今は記憶の水晶を2個ゲットして、あと 2個がめんどうでどうするか躊躇しています。
残りはバーの総本山とダークムーアなんですけどね。
[ 2020/12/31 16:14 ] [ 編集 ]

おお、まさか同志がいたとは。しかもそんなスパンでとはw
この後半からのダンジョンは凄まじいボリュームすぎて、1つ越す度にお腹いっぱいになりますな。
難易度は高いですが、とにかく壮大なスケールで楽しんでおります。
[ 2021/01/01 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/788-77551a49