FC2ブログ








呑食孔明伝 三国志に手を出す

divinity002650.jpg
三国志です。ぱっと見て分かるキャラクター達。

大作Pillars of Eternity 2 を終え、気が抜けています。最近の体温レベルが当たり前になっている無茶苦茶な暑さもあって、もはや動くのも息をするのもめんどくせえという状況。こういう時はやはり軽いものでしょう。負担が少なそうな奴でいくか。

そんなわけで、今回はこの呑食孔明伝に手を出してみることにしました。ファミコンのRPG「天地を食らう」シリーズはその本場中国では「呑食天地」というタイトルで結構な人気を博しているらしく、今作はそのファンが原作リスペクトで作ったインディータイトルとなります。原作と同様にマス目移動式の2DRPGというわけで脳への負担も少なくのんびりとできそうな感じ。いいねいいね。

ただ始めるにあたって一つ問題が。この作品は中国の作品だけに、対応言語が中国語だけなんですよね。日本語はもちろん英語もありません。そして自分は中国語が全く分からないと。始める前からいやな予感がプンプンしますけど、原作が三国志であるからには文章が読めなくてもある程度は分かるだろうという点と、見た目からしてそんな難しい謎解きなどは求められないだろうという気持ちで突っ込んでみます。これでPoE並に会話が多かったらびっくりだぜ。

なお私の三国志熟練度はというと、いたって並かそれより低いくらいのレベル。三国志演義の小説を子供のころに読んだことがあり、後は横山光輝三国志や蒼天航路などの有名どころの漫画を読んでいたというくらいで、光栄のシミュレーションをプレイし続けてマイナー武将の有無に一喜一憂したりとか、正史と比べて突っ込みを入れたりという段階にはないので、ゆるーくプレイしていく所存です。昔は学年に一人くらいは三国志博士がいたものでしたが、そのフォロワーレベルと思ってもらえればよいかと。シブザワコウの本を色々貸してくれた山本君は元気にしているんだろうか。



divinity002651.jpg
FC天地を食らうがベースですね。分かりやすい。

さっそくスタート。見た目はFC,SFCくらいのオーソドックスなRPGですんなり入っていけますね。中国語も漢字から大体意味はつかめてまあ何とかという所。物語は黄巾党の乱が起こり、これから続く乱世を舞台に戦いを繰り広げる諸勢力達が兵を挙げるところから始まります。この時点の主人公はもちろん劉備。すぐに関羽、張飛の二人も加わり、桃園の誓いとなります。ここから勢力拡大していくぜ。

歩いているとさっそく強盗に襲われました。軽くひねってやるとしますかね。戦闘のシステムは元になった天地を食らえとほとんど同じと思って大丈夫かな。HPはイコール兵士数となっており、十分な兵士数があれば攻撃時にも十分なダメージを叩き出せますが、敵からのダメージを受けて兵士数が減少してしまうと、それに比例してどんどん与えられるダメージも減ってしまうというルールになっています。要はダメージを受けて不利な状態になれば、攻撃力まで減って加速度的にどんどん不利になっていくという事で、押し込まれてからの逆転とかよりも、まず最初から押し込まれないような立ち回りをする必要があると。

後は士気システムなんてのもありますね。こちらは攻撃をすると上がり、逆にされると下がり、士気の上下によって全体の攻撃力に修正が入ります。こちらのほうも兵力と同じく、不利な方はより一層不利になっていくというルールですね。なかなか立ち回りが難しくなるかもしれません。



divinity002652.jpg
兵数はヒットポイント。隣には汁ポイントという謎ステータスが。

スキルは計略という名称で、これまた天地を食らうと同様。しかし分かってはいたけれど、中国語は日本の漢字とは違う点が多いから混乱する点も多いな。各キャラクターの兵力の他に汁というステータスがあり、さらにスキルでは初心汁なんてものがあったので、汁ってなんだよ。しかも初心汁とか、成長したら熟練汁とかになるのか?初心汁だけどどうぞとか、俺の熟練汁を食らえとかやっていたら誤解されちゃうぜ。などとひとしきりテンションが上がった後に気が付きました。これ計略の計ですね。中国語難シイネー。

黄巾党の砦を攻撃していると、幹部である張曼成など知った相手との戦闘がありました。この前には曹操が黄巾の砦に攻撃を仕掛けている所に出会いましたし、演義ベースで進んで出てくる人物もある程度馴染みがあるおかげで、人の名前を覚えるのが苦手でもすんなり入ってきて脳への負担は少なめ。これなら最後まで続けられそうかな。クールダウンしながらゆっくりいきます。
関連記事
スポンサーサイト




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/08/23 05:31 ] [ 編集 ]

MOO

計ですねー
初見では普通に勘違いしてしまいました。
字の違いに慣れていかねばなりません。
[ 2020/08/23 18:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/742-92885aa8