FC2ブログ








最終決戦迫る

divinity002588.jpg
援軍を探すが現実は無常

前回からの続きで、イオタスを追ってメインクエストとなるマグランの隕峰へとやってきています。このエリアに入る前に襲われたことでもわかるように。内部にいるマグランの使者達はしょっぱなから敵対的。ここまでイオタスを阻止するために一戦をやっていたらしく、施設の中はあちこちが崩れ、さらに死傷者も多数出ているような状況でありながら、それでも彼らはこちらへと襲い掛かってきます。襲い掛かられるからにはやるしかないか。

しばらく進むと彼らのリーダーらしき人の姿が、こちらはリーダーだけに他の方より冷静さを持っているらしく、戦いにはならずに話をつけることができます。ここまでの状況としては道中で見た通りに、イオタスの撃退をしようと行動を起こそうとしたものの失敗して戦力の大半を失っており、それを挽回すべく、隕峰内の洞窟に住むドラゴンの助力を仰いで反撃を考えているという状況みたいですね。ところがドラゴンの所へ向かった者はその後まったく音沙汰無しと。道中で事故にあったからかどうなのか。

そんなわけでドラゴンの元へ様子を見に行く一行。ところが道中にはドラゴンの攻撃と思われる、引き裂かれ焼け焦げた死体が転がっていたりときな臭い雰囲気が漂っています。むむ、これはやはりそういうことか。相手はドラゴンだしなあ。ドラゴンの元へとたどり着いて話してみると、不安は的中。かつての契約によってドラゴンはこちらを助けてくれるという話ではありましたが、ドラゴン的にはあくまで助力を仰がれたら検討をするという話ではあったものの、命令を受けて従うようなものではないのだと、命令にやってきた司祭をやってしまったようです。仕方がないので契約とは関係なしに話をしてみるも、スキル不足かそういう風になっているのかであえなく失敗。ドラゴンは飛び去ってしまいました。



divinity002589.jpg
イオタスと直に対峙。デカい。

万策失ったレイシュンの方々には強硬手段を諦めてもらい、残る手段として主人公一行による話し合いを行うことに。間近に見る巨大すぎるイオタスの姿にびびりつつも、話を続けていき出てきたイオタスの目的、それは前回の接触時も少し触れられていた魂の輪廻、車輪のシステムを破壊しようというものでした。今の神々と人々の繋がりを壊し、人々が自分たちだけの道を切り開けるようにする、それがイオタスの考えのです。その目的を告げるとイオタスは再び歩き出し、最後の目的地、古代人=神が造り上げた車輪があるといわれるウカイズォの地の名を告げ、今回の会合は終了となりました。

さて次の、おそらく最後となる目的地の場所は分かったものの、そこに行くためのルートは、嵐や岩礁のため前人未踏の難所となっている海域を通らなければならないそうで、現状ではとても到達をすることはできず、なにがしかの対策を取らなければいけないようです。RPGあるあるといえばあるあるな展開。そしてその手段はというと、どうやら各陣営のどこかと完全に手を組むクエストを行うことで、その陣営から全面的な協力を得て手段が手に入るような気配。ネケタカに帰って補給と情報集めをしていると、急にいろいろな陣営からこれまでにないおさそいを受けました。これはもう終わりが近いということですね。慎重に選ばねばなりますまい。



divinity002590.jpg
サイドクエストのボスが尋常じゃない強さになってきました。

そんなこんなでやり残していた開拓の続きでも。マップ最北西にはカルト信仰を持っている集落があり、そこにいる新しい神とやらと対峙をすることになりました。ネムナックと名乗るその神は、神と名乗るだけに異常なまでに強力。どうも神どころか色々な魔力の品を使って自分を強化したインプがその正体みたいですが、だからと言って舐めてかかれる相手ではなくその強さは本気で神レベルかというほど。高レベル魔法をいくつも使いこなし、かつそれが安定の無制限キャストを続けてくれるので心折れそうになるような戦いでした。なんとか勝ったけれど、ちょっと後半からの戦いは、特殊な宿や食料の効果を付けていないとどうにも対抗不可能な難易度になってきたように思います。最終決戦が思いやられそう。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/07/07 13:06 ] Pillars of Eternity 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/724-aebbada0