FC2ブログ








やっぱり楽しいPoE2

divinity002530.jpg
難破。船名も日本語化でシュール

Pillars of Eternity 2 を楽しく続ける毎日。ただ前作と同様に会話などの情報量は凄まじく多いタイプのRPGなので、一つの町で皆の話を聞いて回り買い物するだけで1時間。装備の整理やスキルを見ているだけで1時間など、時間の過ぎ方が半端じゃないほどに早いです。細切れの時間じゃなくてがっつりと時間をとってプレイしたいなと思える作品ですね。

前回から船は難破し、浜辺にたどり着いた一行。まずは周囲を回って生き残りを探して回る事に。主人公を船に乗せてもらったエディールも合流し、正式に仲間へ。仲間にする際に、初期設定の職業を3種類から選ぶことができます。これは前作にはなかったかな?最近記憶力がめっきり衰えているというか、まるで身に覚えのないという事すら多々起こるので少々怪しいですが、多分新しい要素のはず。NPCキャラクターが既存パーティーとの職業被りや、バランスの問題で組み込めないという状況になりにくくなり、NPCを引き入れての会話が楽しめるようにという要素なのでしょう。いいね。

彼はローグかファイター、はたまた両者のマルチクラスが選べる模様。マルチクラスは経験値が両方に分配されて成長が遅くなるので経験者のみ推奨と注意書きも入っています。主人公ドルイドなので、ローグもファイターもどちらも欲しいぞ。ただやっぱり最初にタンク役は必須だと思うので、彼にはファイターになってもらうことにしました。前作もパラディンのパレンジーナと並んで圧倒的な硬さでしたからね。そういえばロード画面にはパレンジーナもいたので、彼女もどこかで加入するのでしょう。



divinity002531.jpg
マップ移動。アイコンでの簡易移動タイプです。

そしてマップ移動。マップの移動は前作の行き先を選択したらすぐにそこまで移動するBGタイプの物から変わり、一行を示すアイコンを操作し動かしていき、同じく大マップ内に見えるオブジェクトにたどり着くと、画面が切り替わって町に入ったりイベントが起こるというもの。Fallout1,2やWasteland2と同様のシステムになったと言えば分かりやすいでしょうか。そちらと同様に移動中は時間がものすごい勢いで過ぎていくのが少々気になりますが、今のところそれほどペナルティはない模様。オブジェクトでは町以外にも探索ポイントとして廃墟などがあり、探索を選ぶとこれまた時間の経過と引き換えにアイテムなどを手に入れることができます。探索は複数回できる所が多いので、探索しまくって小銭を稼ぎ、同時に日数を経過させまくっています。後でクリアまでの時間制限があったとかやめてくれよ。

町に到着。人が住んでいる所でよかった。事情を話し、船の修理を取り付けます。同時に条件としていろいろとお願いがくるわけで、さらに町中で会話をしていると、次々と頼まれごとやクエストが入ってきます。経験値も貰えることだし、いろいろ首を突っ込んでいこうか。クエストはちょろとやってみた感じだと、前作やこのタイプのRPGと同様に解決方法が複数にわたってあり、交渉から力づくまでプレイスタイルに合わせて自由に選んでいけそうですね。これが楽しいんだよ。



divinity002532.jpg
早速旅の道連れが一人。プリーストは助かるなあ。

そうして会話をしている中でショーティという女性プリーストが加わりました。何やら宗教的な使命を帯びて、手持ちのランタンに迷える霊を集めているようです。これについてのクエストも始まったので、これから一緒に行動をしていく中で彼女の指名を解決していく事になりそうですね。プリーストは回復に補助で強化といると嬉しいクラスですし、この系統のCRPGであれば肉弾もそれなりにできるはず。専用武器でユニークの鎌も持っていることだし、前衛不足なので是非とも頑張ってほしいところです。

後大事なのは宿屋。ここでは前作と同様に休息はもちろん、パーティーの編集、新規キャラクター作成、またスキルポイントのリセットなどが自由に行えます。お金がかかるのでそんな頻繁にはできませんが、それでもこれがあるからレベルアップ時などのスキル割り振りなどはそこまで悩まなくても大丈夫。ビルドや戦術が固まってきたらその都度振りなおせばOKです。


divinity002533.jpg
ハンター加入で前衛不足も解消。熊さん大活躍。

スタートしたばかりであまり手持ちがないけれど、パーティーの人手も足りていないので新規キャラクターを作って加入させよう。誰を入れるかここでも迷いに迷った結果、ここはハンターに入ってもらうことにしました。こちらも前作でいたサガニが使っていてかなり強く楽しいクラスだったのでという理由。このクラスは獣を一体お供にしており、1キャラクターで遠距離攻撃+壁の2体分の働きをしてくれるというのも人手不足時には嬉しいポイント。お供は壁としての役割を重視して熊にしておこうかな。メイジも必須クラスだから欲しいけれど、まだまだ序盤だしもうちょっとは粘れるはず。ロード画面にはアロスも出ていたし、彼の登場を待ちたいところです。これで総勢4名になり、一応の体裁が整ったパーティー。さらに探索を進めていきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/05/25 07:53 ] Pillars of Eternity 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/705-ac326beb