FC2ブログ








いきなり七難八苦

divinity002526.jpg
オープニング、突然動き出した巨像に主人公の拠点は崩壊。

Pillars of Eternity 2 をプレイしよう。スタートをするとさっそくオープニングが始まります。おおカエド・ヌアか、1で主人公達の拠点になっていた所ですね。ストーリーは完全に1の続きからで主人公も同一人物として始まるようです・・・って主人公死んだ! カエド・ヌアの地下ダンジョン奥深くにある巨像が突然動き出し、城砦は倒壊。さらに倒壊を生きのびた人々も、その巨像に魂を奪い取られて倒れてしまいました。何が起こったんだ。あまりの展開の激しさはえの素を彷彿とさせる勢いです。なんかあれキックスターター成功してアニメ化するらしいですね。どういう内容になるのやら、チャレンジャーすぎるぜ。



divinity002527.jpg
神々の一人、ベラスと。

そしてふと気が付いた主人公、この風景は調停者の力で見るのと似通った世界、魂の世界でしょうか。自分の体もモヤモヤとした霊体になっており、どうやら死んでしまったのは事実の模様。他の魂達と一緒の方向に歩いていくと、やがて行く手に一本の柱が見えてきました。柱へと吸い込まれていく他の魂、Pillars of Eternityか。前作ではこの魂の輪廻に関する秘密と力を巡っての戦いが繰り広げられたのでした。ここに吸収されればまた輪廻の輪に入り、どこかで生まれ変わるのでしょう。いい人生だった。

などと終了ムードになったところで、別の声に呼び止められました。声のした方に向かうと、そこにいたのは不健康そうな青白い騎士のような人物。彼の名はべラス、前作でも関わりのあった神、とされるものの一人です。彼の口からはカエド・ヌアで何が起こったのかを聞くことができました。突然動き出した巨像には、神の一人、イオタスの魂が宿っているそうです。彼の目的は不明ながら、魂を吸収する能力とその巨体に神としての力を備えており、野放しにしていい存在ではありません。べラスからは脅し半分入ったアンフェアな命令で反発もしたくなりますが、ここは彼の話を呑んで調停者として再び使命を帯びての旅に出ることとなりました。

そんな所でキャラメイク。今回も設定事項てんこ盛りになっており、いろいろ悩ませてくれます。前作は確かローグタイプの主人公でプレイしていたかな。ローグ系は必須になってくるだろうし、前作では鬼のような火力を発揮してくれたし今回もこれでいこうかな。いやしかしなどとあれこれキャラクターを作ること1時間。いろいろと悩んだ結果、今回の主人公はドルイドでやってみる事にしました。理由としては前作で仲間になっていたドルイド、ハイラヴィアスが使っていてかなり面白いキャラクターで、範囲継続ダメージを中心に回復から補助まであって使い分けがいのあるドルイドマジック、さらに獣人化しての前衛もできると、どんなパーティー編成でも仕事をこなせる能力がある所が気に入ったからです。今作と前作で違いがどうどうかは分かりませんが、ひとまずドルイドとして現世に復活です。



divinity002528.jpg
海賊の跋扈する地域へ。ガラ悪いです。

気が付いた先は船の中。カエド・ヌアは壊滅ながら、僅かに生き残ったミディール達が意識の無い主人公を助け出し、巨像を追う船を手配しており、その道中で目覚めたという状態です。今作は船と海洋にスポットが当たっているらしいとは聞いていましたが、こういう形になるわけね。巨像の向かった先はデッドファイア諸島と呼ばれる地域、交易ゲーム時代のカリブ諸島的なイメージでしょうか、海賊が跋扈している危険な地域らしいです・・・という話をしていると、早速海賊の襲撃がありました!なかなか危険なエリアのようだ。

初戦闘。戦闘は前作と同様、リアルタイム進行で進むターン制で、戦況を見て自由にポーズをしながら各キャラクターに指示を出していくというもの。BGシリーズなどをプレイしている人ならお馴染みのものですね。前作もそうでしたが、だれかが瀕死になった時や、誰かがキャストをしたときなどの条件設定で自動ポーズをかけるオプションが充実しているので、上級者は戦況の見極めが、初心者は勝手にみんなが動き続けてよく分からない間に全滅していたなんていう事態が起こり難く、初心者から上級者までやりやすい仕様になっています。進化をひしひしと感じながら海賊を撃退。ボスには逃げられてしまいましたがまあこちらも万全ではないし仕方ない、とにかく危険は脱した。



divinity002529.jpg
イオタスの姿を発見、しかし船は難破。

そう思った矢先、今度は嵐に巻き込まれてしまいました。通常の物とは思えない嵐に会い、もはや難破は避けられないという状況の中で、風雨の間から巨大な人間の姿が見えました。これが追っているイオタスか。改めてみるととんでもない巨体、さらに神の力の持主というわけで、これをどうにかできるのかという気持ちが芽生えます。しょっぱなから怒涛の展開で、今回の旅はかなりの苦難になりそうですが、先が気になる展開なのでどんどん続けていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/05/21 09:05 ] Pillars of Eternity 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/704-35862098