FC2ブログ








今日も癒されっぱなし

divinity002483.jpg
大水槽もできるようになりました。

Megaqualiumを続けています。と言っても序盤がチュートリアルになっているキャンペーンモードをまだ前半数面をやっているという状態ではありますが。この作品に手を出した時の気分、すなわち人がちまちま動いているのをのんびりと眺めて癒されたいという思いが、この作品とがっちりとはまりすぎるほどにはまりすぎて、大して操作もせずにおやつを食べながら眺めているだけで1回のプレイが終わっていたという日すらあるほど。完全に気が抜けてしまったコーラのような状態であり、大したものですねなどとつぶやきながらプレイをしています。癒し系の作品としてはいきなり最高峰の評価をつけてもいいくらいだ。



divinity002484.jpg
オファーをクリアし、新たな魚を入手

そんなわけでキャンペーンのクリア条件を満たすだけならばもっとぽんぽんと進めはするのですが、そんなクリア優先のプレイは全くできておらず、牛歩にて進んでいます。ステージが進むほどに魚の種類はどんどん増えていき、それにともなって飼育に必要な設備や餌の種類も増加中。しかしながら組み合わせの基本は、一番最初に習った濾過装置+水温調整装置のセットを中心として変わっていないので、ややこし過ぎてわけが分からなくなるということもなく、毎回水槽のレイアウトや、そこで飼育する魚の種類を考えながら楽しめています。リアルの魚飼育には手を出せない自分ですが、これをやっているとハマる人がいるのも分かる気がしますね。

運営の合間には、イベントとしてメールのオファーがやってきたりもします。メインのクリア条件とは別に、サブクエストとして指定された構成の水槽を設置するだとか、特定の魚を欲しいなどの条件が出て、それを達成することで拡張の為の資金や、新たな魚などを入手することができる仕掛けです。人によっては単調に感じる事もあるでしょうから、こういったイベントで変化がおきるのは嬉しいところ。自分の場合だとずっと日数だけが過ぎていて次々とオファーがきているような状況だったりしますけれど。



divinity002485.jpg
館内散策モード。これもまた楽しい。

あと楽しい機能が、画面を最大までズームすると、水族館内を歩いている来客やスタッフと同じ目線の一人称視点に切り替わり、自由自在に歩き回ることができるというものがあります。自分で作った水族館を歩き回り、これまた自分でレイアウトした水槽と魚達を眺めて過ごすことができるという、大変な癒し機能。画質は見ての通り荒いポリゴンで、美しさにうっとりするようなものでは全くないけれど、このデフォルメされたゆるさがまた心地いいというか。一通り水槽のセッティングを終えたら、一人称にして歩き回り館内を体験、さらにまた新しいコーナーを作ると、水族館の企画担当のような気分になれます。

進行するにつれて、水槽と魚関係以外の施設も登場してきました。来客は喉が渇き、おなかが空き、またトイレにも行きたくなるときて、自動販売機やトイレ、それにゴミ箱などを設置する必要が出ています。お客様は神様だと言いつつも、やはりお客というものは勝手なもので、必要とするものが無ければ帰ってしまうし、あってもそれを汚して使ったり、そこらへんにゴミを捨てたりなどといろいろとやってくれます。だからトイレはあと一歩前に出て使ってくれと。誰だ足周りベチャベチャにする奴は気持ち悪いよなどと文句も言いたくなりますが、やはり注意や張り紙程度では綺麗には使ってくれないので、スタッフを清掃にも割り当てる必要が出てきました。

清掃は給餌などと同じく、スキルを持っているスタッフが自動で向かってくれますから、とりあえずは人数を揃えてほったらかしにしておけばOKですが、餌をあげてほしいのに他に向かってしまうなどという事もあるので、その場合は業務ごとの優先度をスタッフ毎のウインドウから指定をしてあげましょう。スキルが高い業務を優先してやった方が、全体の仕事も早くなりますしね。この管理モードには、スタッフの管理範囲の指定で、この範囲の業務だけを見るようになどと設定することもでき、館内が広くなってくると必須になってくるような気配がします。館内の拡張が割とゆるいというか、シムシティ等の整地をするのと同じ操作と安めの価格でいくらでも広げられるようなので、デカい水族館を作りたい人はなるべく早い段階からこの管理をしていく必要がありそうですね。私はめんどうくさがりなので、まだ雇っては放置状態ですが、ぼちぼちと覚えていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/03/12 17:46 ] Megaqualium | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/690-efc33cfb