FC2ブログ








牢内抗争激化中

divinity002464.jpg
敵幹部の一人、激戦になります。

Dungeon Ratsを少しずつ。やっている間にどんどん暖かくなってきて、春になってしまいそうな気配が漂ってきました。また寒さのぶり返しがあるんだろうけど、この数日の暖かさは異常で、眠気ばかりが先行しています。最近キャンプ用品の折り畳み式ウレタンマットを購入して部屋に置いているのですが、これは昼寝マットとして最強ですね。ちょっと横になりたいときに敷くと、例えフローリングであってもいつの間にか夢の世界へと旅立てます。折りたたむとそこらのザブトンや低反発マットなど比べ物にならないほどに分厚く快適な座り心地を楽しめるし、寝てよし、座ってよしでかつ軽量で取り回しも余裕とマルチな逸品です。座卓PC派じゃない人には余り関係がない気もするけど、もしそうなら試してみる価値はありますよ。

本編の方はいつまでたっても緊張感が無くならない作品で、ヒリヒリしながらの戦闘を楽しんでいます。なにがきついかって、成長をしても増やせるのは各スキルレベルだけで、HPは最初に作った時から全く変わらないシステムなんですよね。スタート時の平均はおおむね40前後で、敵の一撃で10とか食らうと1/4を持ってかれて大打撃だという感想になったもので、それが今になっても全く変わらず、パーティーの数人が10も食らうと食料の在庫が心配になりリセットを本気で検討するという状態が続くのです。



divinity002465.jpg
倒した後はこんな逸品が。To Hit Chanceの高さが嬉しい。

戦闘では前回から引き続き遠距離担当のRoxanaが活躍中。獲物は色々試してはみたけれど、最初に使った弓が一番使いやすいかなと思います。クロスボウ系統の物は、矢をつがえるのに3-5程度のAPを消費、その後射撃に2-3APを消費するという2段階に分かれた攻撃方法になっており、モノによっては最初に矢をつがえておけば、低APで1ターンに3-4連発の攻撃を繰り出せるなどロマンが溢れる仕様になっています。こちらはロマンだけではなく実際に強いらしいという話は聞くのだけど、個人的には毎ターン安定して攻撃できる方が好きで、力を溜めて次のターンで2倍ダメージみたいな攻撃は存在する意味が分からないタイプの人なので、結局弓に戻ってしまいました。

弓やクロスボウの特徴として、使う矢によって敵の装甲タイプに柔軟に対応できるという点があります。高DRの敵にはダメージが若干落ちるけれど、DR貫通効果のあるPiearcing Arrowを使い、またアルケミストのような軽装甲の敵に対しては、DR貫通効果は皆無ながら高ダメージが出せるBarbed Arrowを使うというように使い分けるという戦い方が可能です。これは1武器につき1特徴が固定になっている近接武器にはない利点で、非常に使いやすいですね。ただし盾を持っている敵に関しては、敵が持つ盾の性能が高くなってきたこともあって、命中率10%などまるで通用しないような数値が出てしまうので、これだけに頼り切るのは危険。遠距離と近距離タイプの使い分けが重要になります。

なお武器を選ぶときの基準は、とにかくTHC=命中率のボーナス値を基準に選ぶべきでしょう。とにかく攻撃が当たりにくいルールになっている上、強敵との戦いでは命中率にマイナス修正が掛かる部位狙いを当てる戦術を組まねば全く勝ち目がないくらいの戦闘力差になっているので、命中率が低いと何も選択肢がないまま力負けしてしまうのです。同じ理由で防具もTHCにペナルティがある物はなるべく選ばず、軽装鎧だけを身に着けたほうがいいでしょう。当てられなければ意味がないのです。



divinity002466.jpg
さらに幹部の一人、Scaurusと対峙。これまた激強。

ダンジョンではここを支配している囚人連中との抗争が激化。要所要所では幹部クラスとの戦いが待っており、そういったところではこれまでの厳しい戦闘のさらにその上を行く激戦が行われます。単体でも洒落にならないほどに強いボスに加えて、取り巻きの精鋭が複数、その中には1体でこちらのパーティーを壊滅させる能力を持つアルケミストが混じっているなど、とにかく酷いの一言。色々節約しながら進んでいた道中ながら、消耗品は在庫を枯渇させない程度に使っていかなければ勝てない状況となってきました。

対人で使いやすいのはまずは毒。武器に塗っておけば当てた相手を毒にできるのでこれまでも適度に使っており、特に矢にも濡れるので弓使いに使わせておくと簡単に敵集団に毒を配る事ができて、戦闘を有利に進める事ができます。また砥石もダメージの底上げに非常に有用。上がる数値は数ポイントではあるものの、2段階くらい上位素材の武器と同等の扱いになり、それだけで相手の装甲を超えて与えられるダメージ量が全然違ってきますから、普段は大事に取っておいても要所要所で使っていきたい道具です。

最後にもちろんの爆弾ですね。非常に強いものの、素材がなかなか手に入らないので量産はできないものと思います。これはまだとっておきたいけれど、勝てないボス戦では1発2発と使う羽目になっています。終盤に在庫切れで詰みならないのを祈るのみ。敵の所持アイテムは武器防具以外の消耗品も計算され、倒した時の収穫に反映されている様子ですから、敵アルケミストを爆弾を投げる暇もなく瞬殺できればもっと数が手に入るかもしれません。でもそれをするには飛道具特化が2人以上はいるかな。厳しい戦いが続きます。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/02/16 08:06 ] PCゲーム Dungeon Rats | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/685-be1ccf75