FC2ブログ








生存に全力

divinity002462.jpg
新たな強敵も続々と

Dungeon Rats で最低野郎の生活を楽しんでいます。生き残る術を鍛え上げたことでなかなかの安定感。食料の手持ちは200ほどと、さらにポーションもいくつか持っているおかげで、数戦ミスったら詰みというような状況にはならなくなりました。それでも一戦辺りのダメージは少し油断するとパーティー全体で40とか受けて、一瞬で食料の1/5が溶けるような状況なのは変わりなく、油断はさせてくれない状況が続きます。

戦闘ではまた新たな強敵が。Plantという初見の敵が戦闘に出てくるようになりました。名前の通り植物系の敵で、本体は動かないけれど、棘を飛ばしての遠距離攻撃をしてくるという固定砲台タイプの敵です。固定砲台タイプなんだから懐に飛び込むのが対処法なんだろうなと思い、棘をかいくぐりながら懐に飛び込んで囲む一行。これで後はさっさと潰すだけだと思っていたら、次のターンで蔦を振り回して隣接マス全てにダメージを与える攻撃を複数回繰り出してきて、あっという間に全滅させられてしまいした。なんじゃそりゃ。

遠距離タイプの敵だからと言って近接が弱点とは限らない、ここは世間の常識を当たり前に裏切り、当然のようにこちらを殺してこようとする殺意に溢れた世界であることを忘れておりました。それにしてもボスでもないタダの雑魚なのに、こんな性能にするとは何か間違ってるとか思わなかったんだろうか。遠近両方ってそれつまり弱点が無いってことじゃないか。あともちろん毒持ちです。対処法としては近接の性能はあまりにもけた違いすぎて対処のやりようがないため、必然的に遠距離での差し合いになります。Roxanaさんに頑張ってもらいましょう。あと両手槍使いがいれば、2マス離れた所からの攻撃で近接射程に入らずに倒す事もできます

さらにこの辺りから敵にアルケミストなるクラス名の相手がときどき混じるようになってきており、こいつらは恐ろしい事に爆弾や火炎瓶を投げてきます。爆弾は範囲攻撃で範囲内の仲間達に10や20の大ダメージ、おまけにノックダウンなどの効果が入り、ほんの一発でパーティーが壊滅状態になってしまう場合すらあるという超兵器。おまけに回避判定の計算が通常の武器とは違うらしく(クリティカル判定で計算?)、投げらるとほぼヒットで無傷で済ませられるのは稀というひどい特徴まで持っています。

敵にこのタイプが混じっていたら、最優先で殺さなければなりません。普通に陣形を組みながら戦っていたら、爆弾の範囲攻撃で皆が巻き込まれて、あっという間に全滅食らいました。幸いアルケミストは全員が非常な軽装備になっているので、狙えるのならば弓でヘッドショット狙い、当てられない場合なら足狙いなどでAPを削り取り、できる限り遠くにいるうちに倒す。それも無理なら頑丈なキャラクター単体で近づいて倒すというくらいでしょうか。最後の手段としてはこちらも爆弾を投げて瞬殺をするという手もありです。ただなんせ消耗品で補充もままならないという貴重品ですから、これは後で困らないようになるべくセーブしておきたい所です。とりあえ現パーティーでは弓メインで対処、Roxanaがいてくれてよかった。それでも難敵ですから、戦闘の前には敵の職種を確認しておく必要も出てきました。



divinity002461.jpg
左で孤立しているIsmailを救え!と言いたいところだが、火炎瓶を投げてくるので距離を取りましょう

そうして敵アルケミストや、また回数が増えてきた怪物タイプの毒などに悩まされつつ進むと、今度は大サソリに襲われている人がおりました。こちらも人を助けられるほどの余裕もないけれど助けてやるとするか、お礼は手持ち食料全部でいいよ。などと親切に手を差し伸べての共闘を始めてみると、彼はそこら中に火炎瓶を投げ始め、こちらのパーティーまで巻き込んでの無差別テロを行ってきました。お前もアルケミストかい! この戦闘では敵の大サソリはともかく、この男Ismailの火炎瓶攻撃が一番の強敵となります。彼は意外と頑丈で、毒攻撃が複数回直撃しない限りはけっこうな確率で生き残ってくれますから、巻き込まれないためにもまずは遠巻きに陣を張り、こちらに寄って来たサソリだけと戦うようにしましょう。

ちなみにサソリも結構な強敵で、名前はチェックしていないのだけど出会うごとに上位になっているような気がします。序盤から苦しめられた毒はもちろん標準装備しているし、攻撃力、DRともに高くて人間だとエリート戦士くらいに考えておかないと大怪我しますよ。こんなDRが高い相手との戦闘時に役に立つのは鈍器攻撃。ひたすらぶんなぐって、DRを削りながら倒す作戦です。こいつら回避率も高くて部位狙いもなかなか当てさせてくれないので、DRを削りながら高い命中率のFast攻撃で押し切るが一番手っ取り早いと思います。加えてその後ろから槍でチクチクと追撃も加えてのダメ押し。槍の射程は以前に紹介した通りで、他武器よりもう一段階長くなっており、これがいろいろな場面で使えていますね。近接攻撃を受けた場合、敵味方ともに確率でカウンター攻撃が発動するのですが、槍の長射程なら敵からのカウンターを発動させずに攻撃ができるため、低命中率であっても当たったら儲けものくらいの気持ちで、気兼ねなくチクチクできます。

その後、Ismailを生きたまま助ける事に成功したら、彼もまた仲間に加わりました。いろいろやらかしてくれた通り、アルケミストのスキルが高いキャラクターです。通常の武器戦闘能力は低めなので、パーティーに加えるかどうかは微妙なところではありますが、敵から受けた爆弾の脅威は大きいので、爆弾作成担当としては役に立ってくれそうです。それにしてもスキル繰りが厳しいな。アルケミーとクラフトの二つのスキルをなるべく高レベル欲しいのだけど、戦闘スキルでカツカツだから全然そこまで手が回らないぞ。一人くらいは武器スキルを捨てて、回避とクラフトだけのキャラクターなんてのを作ってもいいような気もしてきました。




divinity002463.jpg
素材は有り余る

とにかく厳しい世界で生き残るのに必死な状況ですが、素材関係は有り余るほどになってきました。余り装備の更新がされないデザインになっており、またいい装備を手に入れた場合もそれをレシピに写してからクラフトでMODを付けた方が強くて使いやすい物ができるため、敵を倒して手に入れる武器防具は9割を素材にしてしまって大丈夫なのです。他の食料や薬類は不足しっぱなしなので、これで何か作らせてほしい所。革なんかは昔こち亀で食べようとしていた話があったように、実際にひたすら煮込んだら食えるらしいので食料に転用させてほしいです。何はともあれ、素材は余りまくると考えて大丈夫そう。あまりケチらずに使って、少しでも戦闘を有利に導いていきましょう。有効に使えるのはやはり飛び道具の弾ですね。消耗品だからといって使い惜しみしてはいけません。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/02/13 08:46 ] PCゲーム Dungeon Rats | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/684-b96231c4