FC2ブログ








ゆっくり運営中

divinity002447.jpg
戦闘難易度は上昇中

Geneforge5を無事に完結させ、満足しきったからか気が抜けた日々を過ごしていましたが、もう一方の方も順調に進んでおります。時間制限の区切りとなるチャプターもいくつかはクリアしており、日々の努力の甲斐もあって、チャプタークリアして次のメインクエストクリア目標が出た時点で、既にそれに迫っていたり、もしくは超えているというような状況もおきるようになってきました。前回に話した通り、郊外に探索に出ていくと時間のかかり方が半端じゃなさすぎてリミットに黄信号がともるので、まずは王国内で人々と仲良くなったり、建築物、クラフトの目標を達成していって、メインクエストクリア数を稼いでいくという技が有効です。ただ本音を言うと、いくらゆるくても時間制限があると自分のペースで楽しめないなあと思ったり。

そうして日々を過ごしつつ、期日まで余裕を持ってクエスト目標数達成が見えたタイミングを見計らい、一気に遠出をして2-3ダンジョンを一気に攻略する長距離遠征を行っています。ダンジョンクリアも時間の消費が激しいとは言え、20近いダンジョン数があり、そのひとつひとつがメインクエストのクリア数にカウントされるので、完全に無視をしてしまうとそれはそれで大変につらくなってしまうのです。この辺のバランス感はいい感じですね。時には旅も、時には街でと。



divinity002445.jpg
見た目は弱そうだが破格の性能を誇るTheo君

新規加入するキャラクターも続々と集まっています。最近増えた仲間で優秀なのはこのTheo君。気弱なバンパイアという設定で仲間になった彼ですが、その能力は相当なもの。メイン攻撃が射程5+サブスキルでさらに+1の合計6もある遠距離射撃魔法で、さらに本人も高い移動力に加えて、移動経路のユニットや地形を無視するワープ移動ができる、遠距離射撃+高速移動を併せ持ったキャラクターに仕上がっています。主人公なんて移動力4歩で、射程4の遠距離攻撃が2ターンのCDで撃てるという性能ですから、その破格の性能が分かるというものです。というか主人公・・・彼は仲間にシールドを掛けるだけの存在となりつつあります。

なおこの作品では、基礎ステータスに関しては仲間毎でそれほどの偏りはなく、主にスキルでキャラ性能の違いを出しています。要するに遠距離攻撃タイプでも、撃たれ弱くて接近戦になるとイチコロということもなく、シールドだけ十分にあれば普通に前線に出れます。堅そうなキャラクターも耐久力的には魔法キャラクターと大して変わらず、所持スキルによってタンクの役割ができるよという調整なのです。ですからキャラクターごとのスキルを組み合わせることによる相乗効果を考えない場合は、単純に遠距離タイプのキャラクターの方が、それなりに硬くて遠距離攻撃もできると万能選手となり活躍してくれます。



divinity002446.jpg
外交も進めています。右上のLoademarはシールド回復スキルあり。

またしばらく前から始まっていたことですが、我らが国に対して、外交を掛けてくる国がいくつかあり、それら外交上の選択で、これまたスキルや仲間キャラクターが増える模様。よさそうなのを選んでいきましょう。とは言っても仲間になるキャラクターの性能などは事前にはまったく分からないし、ここはもうスキル優先で選ぶしかないのかな。ざっと見ていると、毎ターンシールドを増加させるスキルがある国があったので、これは使えるだろうとここばかり増やしています。結果は多分正解。毎ターン30シールド増加のスキルが2つ手に入り、武器にもシールド増加効果があるものを選べば、毎ターン3桁のシールド増加が見込めるようになりました。こうなると戦闘がぐっと楽になりますね。むしろ必須すきるかも。戦闘中のライフ回復は非常にやりにくい仕様になっているのもあり、シールドをいかにキープできるのかが勝敗を決めます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/24 07:08 ] Regalia: Of Men and Monarchs | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/679-da62d72e