FC2ブログ








うっかりしつつ最終決戦へ

divinity002437.jpg
勘違いしたまま壊滅へ。侵入しただけで襲ってきた方が悪いんだよ。許せ。

新天地を巡っておりました。なんだかよくわからないままに巡っているうちに、Sage Taygenの件で、例のクリーチャーを消滅させる研究をしている施設に踏み込んでしまったらしく、問答無用とばかりに襲われることに。いつもならこういった、踏み込んじゃいけない所に踏み込んだ時に襲われるというイベントは、力任せで撃退してもあまりよい結果に終わらない事が多いのでやりなおしを検討したりもするのですが、今作に関しては行く先々でそういったシチェーションでしょっちゅう襲われるし、それがメインクエストで先に進むためには襲われる事が前提になっていたりする場合が多いために、なんとなく間違ってしまったのかという疑いをもちつつも、力で押して先に進んでおりました。



divinity002438.jpg
激戦後の収穫。敵が強い分、装備のボーナスも相当なものです。

何しろこちらにはGazerを戦闘にしたDrak軍団を率いておりますから。やはり新天地でもこの軍団の強さは十分に通用するものであり、少し前ならこれは負け必須イベントだよと思えるようなものでも、ヘイスト併用の怒涛の弾幕を浴びせていけば相手は灰になるので、わりと強引かつ強気な進行になっているのです。昔の自分はそんな人じゃなかった、話し合いで解決できるなら解決するし、戦いをなるべく避けようとしていたわけで、力を手に入れて変わってしまった典型的な人間のようになっています。今まであまりにも虐げられていたのが悪いんだ。その結果、無事にクリーチャー消滅実験を行っていた研究所は完全に壊滅させる事ができました。いや、無事に壊滅させちゃいかんだような気もするけど。

Sage Taygenに豪快に喧嘩を売ってしまった結果になった主人公一行は、このエリアでは街に踏み込んだだけでもすぐさま衛兵に追われる身に。一昔前のオープンワールドRPGのような、取り返しのつかない結果をやらかしてしまいました。自由だ。



divinity002440.jpg
Coreの場所はこちら。盛大な勘違いでした

あれ、そういえばAlwanから受けた依頼のControl Core Bとやらはどこに行ったんだ? 元々はそれを目的にして探索をしており、それでいつの間にかエリア奥の研究所にまで潜入してしまい、こんな惨劇になったというのに。またハマってしまったのかと思いながら冷静にクエストログと会話ログを見直してみると、なんとびっくり、それがあるらしいという場所は、Sage Taygenのエリアですらない、Alwanのテリトリーの中での南にあるダンジョンでした。Taygenの地における惨劇は、主人公の勘違いという、完璧なまでにこちらにしか非が無い原因によるものでした。ささいな出来事や行き違いからとんでもない悲劇が起こる。それが歴史という物なのです。などとごまかしつつ、そそくさと目的とするCoreへ行き、あらためて攻略を行いました。

Sage Taygenのエリアからも既にそうなのですが、このCore内部は相当に難易度の高いダンジョン。相手はもう上級クリーチャーばかりが団体で襲い掛かってくるというのが日常になっており、戦力はもうDrayk以上のクリーチャーで固めていないとまるで勝負にもならないという状態になっています。こちらはそれに加えて最上級のGazerも入れているからなんとかなっているけれど、Draykだけの編成だと勝てるかどう五分かもというシチェーションもちらほら。いや、ほんとシリーズ通してみても最高の難易度になっています。これまでだとDraykがいればクリアまでは普通にできて、Gazerクラスだともう余裕でクリアするために趣味キャラのような扱いになっていましたからね。取得経験値が非常に高く、既に前シリーズまでのクリアレベルをもうずいぶんと越えているような状況になっているので、それも含めての難易度調整だとは思うのですが、とにかく厳しいという感想が出てきます。

Coreの最深部ではトラブルの原因、自我を持ったServant Mindと対決して、次々繰り出してくる強烈なクリーチャー軍団をなんとか下した主人公達。Alwanに問題解決を報告すると、これまで幾度もの依頼を完全にこなした主人公達の腕を買い、この戦争を終える為に自分の傘下となり、右腕となって働いて欲しいとの申し出をしてきました。

今作は各CouncilメンバーやRabelからのクエストを受けて達成をしていくと、何段階目かでその陣営に完全に入るかという選択が出てくるという仕組みになっているようですね。Alwan陣営の主張は、Rabelの軍と対決し打ち破り、昔ながらのShaperの時代を取り戻そうというもの。Shaperの技術は門外不出で禁忌の技法であり、Shaper Councilによって厳しく管理されたものだけが使えるようにするという、1から続くものです。他のメンバー達もそれぞれの主張を持っており、ただただ技術だけを追求するRawal、クリーチャーやRabelとの共存を図るAstoria、あと敵対してしまったけどShaper陣営も含めてクリーチャーの完全消滅を目指すTaygenと、異なる考え方の中から、自分が信ずるに値するものを選択する必要があります。

選択前には警告も出て、ここで選ぶともう陣営は固定されてしまうようですから、慎重に考えねばいけません。いよいよ最終決戦の気配も見えてきた中で、究極の選択をしていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/10 07:49 ] PCゲーム Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/677-12c89b06