FC2ブログ








龍の力を手にする

divinity002413.jpg
戦力は上がれどこの状況

相も変わらず地獄のような進行状況のGeneforge5。前回で上級クリーチャーを一体手に入れたものの、能力的には後衛補助タイプということもあり、実質初期クリーチャーに毛が生えたような一団で、怒涛の如く出てくる上級クリーチャーの隙を突いて戦い、歩いは逃げまどいながら進めています。雑魚の一戦相手でもフルバフで挑み、場合によってはリセットで何度もリトライしながらという状況で、一戦一戦が決死のボス戦のような状況。この時点でGeneforge5は何かと問われれば、それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ。と即答できるくらいの苦労を続けています。



divinity002414.jpg
彼はある意味、この作品の最重要人物

さすがにこの状況はおかしい、もう後半戦に入っているしここまできたらDraykも手に入るはずだろいい加減と思い、精神的にももはや限界が近いということもあり、Spiderweb Softwareの公式フォーラムに助けを求める事にしました。その結果分かったこと、Draykはこのエリア東側でRebelの支配地域を封じ込めるかのように並んでいる3か所の城塞、そのうちの一か所で手に入る事が判明しました。ここではReserch Noteを求めているShaper、Alexieがおり、彼がキーとなります。というかそこもう行ってたところだったんだけどね。ではなぜこれまで手に入っていなかったかというと、その条件。彼に累計で7冊以上のNoteを渡すことで、初めて上級クリーチャー召喚を教えてくれるようになるのです。

これまでの旅路ではRebel側にもNoteを求めている物が何名かいたのですが、その段階ではまだ自分の陣営をどちらにつくかをはっきりとは決めていなかったので、幸いにも懐には5冊ほどのNoteが貯まっております。足りないものは・・・盗んでくるか。人の所有になっていたアイテムはあまり手を付けていなかったのを、視線を切ったり扉の開け閉めを駆使しながらちょろまかし、ようやっと手に7冊を超えるNoteが手に入りました。

これを渡したら当然Shaper陣営、Royalist寄りになります。それでいいのだろうか、と自分の胸に問いかけしてみたのですが、思い返してみると今回はこれまでの道中でいいようにRebel側になぶり殺される毎日を過ごしていたので、心の中はすっかり反Rebelに染まっている自分を発見しました。3の物語と同じ心情です。非力を嘆いているだけだった、震えて待っているだけだった昨日に決別し、力強く呼びかけます。さあいこうぜと。



divinity002415.jpg
念願のDraykを手に入れたぞ

などと中島みゆきをバックに流しながら、とうとう待望していた龍の力を手に入れることに成功しました。Drayk、Fire系クリーチャーではランク3になり上級の中では中低位にあたるクリーチャーながら、その能力は圧倒的。その1ランク上にいるKyshakk自身の直接戦闘能力が低いせいもありますが、炎のブレスはKyshakkの倍近いダメージを一撃で叩き出すことができます。また戦闘能力の割にリソースの消費量はかなり低めで、1体を70エッセンス+INT分で召喚ができる為、いきなり複数体を呼び出す事が可能。Kyshakkは125も使うので、こちらのライトニングブレスも捨てがたいけど、ここは入れ替えかな。

長くお世話になっていた初期クリーチャー達も入れ替え、Draykを軸にした新生チームが誕生。今までパーティーの総力を集中して倒せるかどうかだった敵達が、炎ブレスの数発で1,2ターンも経たずに消し炭と化していきます。素晴らしすぎる。防御関係も、さすがに敵の攻撃力は相変わらず高めで、余り前進しすぎるとやられる危険は出てきますが、それでもこれまでのクリーチャーよりも耐久力は断然上がっているため、数体で交代しながら壁をすれば割と余裕を持って戦線をキープできます。パーティー全体の平均耐久力も底上げされ、全体攻撃の連発も即死するような事はなくなってきました。ここまできてようやく反撃の狼煙が上げられそうです。Drayk軍団を率いて、前線へと飛び込んでいきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/12/05 06:30 ] PCゲーム Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/670-d6fffbca