FC2ブログ








希望と絶望の新エリアへ

divinity002403.jpg
Dark Roadでは1ターンしないうちにこの状況。不可能だ。

Gneforge5はRawlからのメインクエストらしき物がなっともならん状況。現在の戦力ではDark Road攻略は物理的に無理という結論になりました。主力がCryaで上級クリーチャーの相手は無理だって。相手が1体であれば、こちらの総力を結集して、なんとかなる可能性がありますが、今回は普通に3,4体以上のパックとの戦いになるので、やっぱり無理です。ここまで無理だともはや攻略仕方どうこうの手前からゼロベースで考え直すしかあるまい。ジョースター卿の教えで言う所の、逆に考えるんだって奴です。このクエストはクリアしなくていいやと考えるんだ。



divinity002404.jpg
現在の状況。赤エリアは攻略不可能、てか多いよ。

そういうわけで狙いを変えて今の力で通じそうなクエストを探すことに。2人目にあったCouncilである、Astoriaさん暗殺襲撃事件の方を進めておりました。Astoria統治エリアの辺境、Rebelが溢れている地域へのゲートを警備している者が、彼女のクリーチャー融和方針に反逆をして、彼女を亡き者にしようとたくらんでいたのがその真相でした。

このエリアでは警備用のゴーレムが巡回しており、その強さは案の定というか、見つかってしまうとなす術もなく一方的に殺されてしまうという具合。今作は一事が万事こんな感じなので、とりあえず進めえるところまではやってみるかという気持ちで、ゴーレムの巡回を潜り抜けていきました。前作からもだけど、こういうステルスミッションはお供をぞろぞろ連れて歩くShaperビルドには非常にきついものがあります。もうちょっと巡回ペースの忖度をしてくれないかなあ。今回もそんな感じでリセット→ロードの嵐が吹き荒れるのかと思っていたら、潜り抜けた先にはまだ稼働前のゴーレムが数体。コントロールパネルをいじってみると、こいつ・・・動くぞ!



divinity002405.jpg
ゴーレムをお供にバトル。その強さはcryoaの3倍以上。正直ずっと連れ歩きたい。

自分のお供になったゴーレムを連れて、警備用ゴーレムとバトル。味方になったゴーレムも相手のと同じく圧倒的な力を持っており、主人公はせっせと補助魔法を唱えているだけで、警備を撃破し、さらなる奥への侵入が可能となりました。ゴーレムが戦いを終えると自爆してしまったのが心残りですが、今回は逃げるだけじゃなくて戦える進入ミッションとなり、精神的に楽です。エリア最奥では、陰謀の中心であった人物と対決。こちらも現在の戦力でなんとか戦えるレベルでありました。よかった。まともに戦えない相手とばかりやっていたので、なんだか安心できるダンジョンでした。

事件を解決しAstoriaに報告。すると彼女はゲートを通る許可をくれ、さらなる南への旅が可能となりました。Rebelが溢れている次のエリアでは、Councilの一人、Alwanが圧倒的なRebel軍団を前に奮闘をしているらしいです。彼の名前はシリーズを通して出てきていますので、いつも最前線で過酷な戦いを行っている実戦タイプの将です。前回では主人公がRebel側であったので、彼とは敵対関係。最終決戦ではUnboundの解放を阻止すべく本拠地に突撃をかけて、Gretaと主人公のチームの前に敗れ去ったのですが、どうやら生きていたようで、今も最前線で頑張っているようです。

次のエリアは設定を聞く限り、なんかより一層厳しくなるような嫌な予感しかしないので、正直行きたくないな。ただ今のエリアでももはや現在の戦力では通じない相手しか残っていないので、ここは無理をしてでも進むしかありません。街までたどり着ければそろそろ上位クリーチャーが普通に手に入りそうな気もしますし。Draykいないともう無理よ。Draykを、Draykを売って下さい・・・。一縷の望みをかけて、新エリアへと突撃をします。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/11/22 09:47 ] Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/667-74581016