FC2ブログ








Willy-Nilly Knight でハマる

divinity002340.jpg
ちょっとトーチライトっぽい?

Steamに推薦された作品をやってみよう活動として、Willy-Nilly Knightをプレイしていました。見下ろし視点のRPGで、戦闘はアクションポイント制のタクティカルバトルとDivinity Original Sinを意識した作品ということで、これなら大きくハズれる事はないだろうとさくっと購入。購入の基準がAzure Sagaと一緒なのに少し不吉な予感を感じたわけですが、それでもまあまったりとプレイができていました。

作品としては予想通り普通に遊べるRPG、他のゲームや映画などから色々なパロディ、オマージュをちりばめた、インディ―スタジオらしいといえばらしい仕上がりになっています。トリストラムから逃げてきた義足の小僧や、ハムスターを相棒にしている戦士もおり、RPG好きな人が作ったんだなあという部分は随所に感じることができました。



divinity002343.jpg
またしてもハマる。

しかしながら7時間ほどプレイをしたところで進行不能バグに遭遇。必須イベントでの会話後、自動で次に進む場所への鍵が手に入るはずが、アイテム欄には何も入っていないという状態になってしまいました。フォーラムをみると何人か同じバグに遭遇してハマっている人がおります。Azure Sagaの悲劇再び。不吉な予感は大当たりしてしまいました。一応開発者へセーブデータをメール送付すればデータ修正対応をしてくれるようですが、気力が不足しているのといろいろ思う事もあって、プレイはここで終了することにしました。



divinity002341.jpg
Divinity:OSリスペクトの画面。似てる。

いろいろ思う事の内容、ゲームを作るのって難しいなと。フォーラムでは開発者が積極的に返信を投稿しており、それを見ていると、やはり開発者はRPGが大好きで、特に昔ながらのCRPG、そして近年にそれらをより洗練させたDivinity Original Sinに大きなリスペクトをしており、これこそが本物のRPGなんだ、自分も本物のRPGを作るんだという気持ちで作成をしているようです。ただ、それが遊び手の視線からだと結構ズレているんですよね。

この作品では、敵は復活しないので経験値稼ぎプレイはできない、もちろん金稼ぎも不可でリソースの管理が必要、そして敵は強めで一戦一戦でやるかやられるかのシビアなバランスとなっています。ここまで書くとまさに昔ながらの骨太RPGと言った様子で開発者の理想通りなのですが、その実態はと言うと。

戦闘ではスキルツリー制でのスキルを使って戦うのですが、スキル数が10個程度、ツリーも3股程度で数が少ないのと、レベルで順番に解放されるタイプの為にビルドと言ったものはほぼ無く、決まったスキルで戦うのみになってしまいます。またスキルの強さはすべて武器に依存しているのと、レベル毎の武器攻撃力の差がとんでもないため、要求レベルに達したらすぐに武器を買うのが鉄則で、逆にそれをしないとどんな工夫をしようが通用しないという状態になってしまいます。ですからお金は武器防具のためにプールすべきで、あまり消耗品に金を掛けると詰みます。また戦闘は有限ながら、かといってDivinityのように大量のクエストとそれらからのExpがあるわけでもないのに、鍛えないと次エリアの敵には勝てないこともあって、結局エリア内に配置された敵をしらみつぶしに倒して回る必要があります。



divinity002342.jpg
性能差がデカいんですわ。

そんなわけで少ないお金をやりくりして武器を買い、その武器で最強スキルを連発し、クリティカルやスタンが発動するのをただ祈るというジャンケンのような戦いを繰り返し、エリア内の敵を根絶やしにする作業を行い、終わったら次のエリアへ行き同じ工程を繰り返すという、上記の例に挙げたオールドスクールRPGとは全然違うプレイ感をになってしまっております。

理想は分かるんだけど、遊ぶのと作るのはほんと別モノなんだなと考えさせられる作品です。自分もRPGはかなり遊んでいるし好きだけど、もしも作ると理想とはかけ離れてこんな風になってしまうのでしょう。言うは易く行うは難し。自省させてくれます。

けっこう厳しい事を書きましたが、プレイが苦痛というほどではなく、進行はほぼ1本、クエストもシンプルな物ばかりで、バグに合わない限りは困る事なく最後まで楽しめるでしょう。その辺もAzure Sagaと一緒ですね。最後までやってないから、ここからすごい分岐とかあるかもしれませんが。シンプルなのも、挫折するかどうかわからないけど英語のRPGに挑戦してみるぜというような方には、読まなくても何とかなるくらいこの塩梅がちょうどいいのかなとも思います。戦術面ではGrotesque Tacticsなどの方が面白いしデキがよいと思うので、総合的に見てそれほどのオススメはしかねる作品ではありますが、RPGの理想と現実というものを実感できるという点では得るものがあります。気になる人はやってみるのもいいんじゃないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/08/16 09:13 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/646-ed534197