FC2ブログ








悪魔城再降臨

divinity002289.jpg
楽しんでます。

前回から引き続き、Bloodstained: Ritual of the Nightをやり始めています。Steamのレビュー欄を覗くと、既にプレイ時間が30時間を突破している猛者がいたりして世界の広さを感じます。どんだけ廃人なんだよとちょっとだけ思ったりもしましたが、よく考えてみると自分もDiablo2なんかの発売日は、時間カウンターは無くとも同じかそれ以上にやっていた記憶があるので、夢中になれるものに触れた場合はこれぐらいの数値が出るもののようです。

プレイし始めて最初に思った事。「これはドラキュラだ!ドラキュラが帰ってきた!」いや、だってIGA作だよ当たり前じゃんと言われそうですが、キャラクターを動かした時の手ごたえが感動するほど悪魔城ドラキュラなのです。動かしてみると一見もっさりな移動でありながら、操作に対するレスポンスは確実で小気味よくいつの間にか距離を移動できているもので、さらに思ったよりも前に進まないところは健在ながら的確な始動と高さを稼げるジャンプなど、操作のひとつひとつが、これはシリーズなのだと動かして感覚で理解できるものになっています。いいじゃないか。



divinity002291.jpg
完璧にドラキュラ

スタートした所は船の中。ストーリーは文章もボイスも完全日本語対応で楽しめます。とりあえず悪魔城が出現したから、そこに向かう途中でもう悪魔が出てきたぜって事ですね。ベルモンドの力を思い知らせてやるぜ。実際のストーリーはある意味では同じだけど全然違うので、各自ご確認ください。

最初は自分も貧弱そのものなので、探索をしながら鍛えています。敵を倒しているうちにレベルアップしたり、敵が落とした物や道中で拾ったもので強化していくという感覚もシリーズのまま。今回はDSの蒼月と同様の、敵の能力を得て使えるようになるシステムが、シェードシステムとして採用されています。敵を倒していると時々シェードが出現し、自動で入手、それを装備することで敵の技が使えるようになると。数が多くて湧いてくるタイプの敵だと、わりとすぐに手に入るのですが、特定の所にしかいなかったり一体を倒すのに時間のかかる強敵が相手だと、回収には手間取りそうな感じですね。恒例のマップを切り替えながら戦い続ける日がはじまるわけですが、これもまた苦ではなく、ハクスラの延々と潜り続ける感覚に近くてぼーっとしながら楽しめます。

シェードは今の所だと、MPが足りないので全然連発ができないものの、通常攻撃の数倍の威力がありのでデカキャラ相手に効果を発揮しています。色々な種類があるみたいだし、装備と組み合わせての楽しみが広がりそう。画像の左にいるのはゾンビ的ポジションの湧いてくるザコですが、こいつのシェードは使えます。跳ねながら飛んでいく水弾で、当てやすく威力もあり、さらに湧いてくるザコなので手に入りやすいと実に頼りなる技。楽しく狩っていきましょう。



divinity002292.jpg
初ボス、なかなかの強敵

ずんずんとマップを埋め、かつ鍛えながら進んでいくと、船首でイベントの後ボスと対峙。ちなみにセーブシステムはこれまでと同じでマップ各所にあるセーブポイントに行くと、セーブ+全回復ができるというもの。新しい所に踏み込んで、次のセーブポイントを見つけるまでは緊張してびくびくしながら進めるわけですが、これまでのシリーズと同様で絶妙の所に不足ないように配置されているので、そこは安心できます。

そして初ボス。デカ女クラーケンとでもいうべきか。攻撃は海面からの触手攻撃と、腹部にある口から吐き出す弾と雑魚、本体が画面中央に行った時は、口から左右に薙ぎ払う水流攻撃をしてきます。弱点は目立っている腹部なので、近づいて攻撃を加えて行きましょう。この初ボス、こちらも貧弱なこともあってけっこう苦労しました。触手は大きく動かないとかわせないし、敵の弱点にかなり近づく必要があるので、どうにもよけられない状態で攻撃を食らってしまいます。さらに攻撃を食らうとそのまま敵の本体に接触してさらなるダメージと、最初のボスだしとごり押しをするとかなり痛い目を見ます。

威力の高いシェード技を主力にして、敵本体から2,3キャラ分離れた所から攻撃を叩き込みまくり、あとは回避を重視しながらリーチが長めの武器を叩きこんで行くのが安定しますね。MPは時間で自動回復なので、逃げ回っているうちにまた使えるようになるので、武器だけで戦うよりは断然楽になります。しかしアクションからは遠のいてるからなあ。この調子でクリアまでいけるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/06/22 08:14 ] PCゲーム Bloodstained | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/630-41dd8656