FC2ブログ








Ascension to the Throne その10

いざWarlandへ!と道を駆ける一行。途中に城を見つけたので立ち寄ってみます。


divinity000246.jpg
どうやら巨人族の城みたいですが、全員が石になっていました。

メデューサでも出たのかな。まあでも今のこちらには関係ないよね。Warland行ってRafael助けるのが先だし、そのうち何処かの誰かが治してくれるでしょ、と軽やかにスルー。先を急ぎます。

城を出てWarlandへの道をさらに進み、山間の道に出ると、そこは巨大な落石で道が塞がれていました。「これは巨人族でもないと動かせそうにないわね」とEneya。・・・なんて解りやすいイベントフラグなんだ。こういうベタな展開は今の時代は中々見られないぞ。でもそのストレートさがいいね。というわけで情報収集をすると、巨人が石になったのと同じころにあちこちに怪しいオベリスクが出来ているのを見たとの情報が。これまた解りやすい、要はそれを壊せばいいわけね。


divinity000247.jpg
一本発見。叩っ斬れ!

このゲームはひたすらシンプルでストレートなイベント進行で、小気味よくポンポンと進んでいくのですが、このクエストだけはきつかったです。マーカーが出るのは1,2本だけで、あとはヒント無しで自力で見つけなければいけません。このエリアに渡って序盤のほうでちょこちょこ見かけるので、メモを取っておくと楽かもしれないです。私は完全に忘れきっていたので、しらみつぶしに走り回りました。アサシンの罠にかけられた所に1本、最初の町~城の周囲に2,3本、Eneyaのいた町~巨人の城の周囲に1,2本くらいだったと思います。

ようやく全てのオベリスクを破壊すると、巨人の石化が解けました。道を塞いでいる岩をなんとかしてくれと頼むと、あっという間に片付けてくれました。思わぬことで時間をとられましたが、引き続きWarlandへと急ぎます。


divinity000249.jpg
ようやくRafaelと合流。

Samaelの事を話し合う前に、まずはWarlandを包囲している敵を一掃します。ここは敵の数こそ多いですが、イベント戦でありがちな補給無しの連戦はなく、途中で帰りながら一戦一戦こなすことができるので、割と楽勝です。レベルがガンガンあがり、宝箱もけっこう落ちていますから、Fury部隊を補充しながら戦ってきましょう。Fury部隊が揃いきっていれば、補給無しで10連戦やって無損害とかできるから楽しいです。


divinity000248.jpg
とはいえ敵も強敵、前回に引き続きSpeed15の敵がいる編成が多いですので、敵のステータスを確認して速い相手から優先的に倒していきましょう。とにかく速度が大事なゲームですので、この辺まできてもWerewolfなどの中級ながらSpeed15あるユニットは結構使えます。数の少ない後衛や、Furyの討ち漏らしの掃討なら、十分役立てますからね。

戦いが終わりWarlandは安全になりました。RafaelにSamaelを倒す方法を聞くと、殺すのは人間の力では不可能ながら、地獄に送り返して、二度とこちらに戻れないようにする手段はあるそうです。どうやらその案をとるしかないようですね。Samaelはこの世界での活動をするのに3つの心臓に力を蓄えており、それを破壊した上でSamael本体を叩けばいいみたいです。心臓の1つはRafaelが既に破壊済で、もう一つはAirath領主の一人が、最後の一つはWolfguardの本人のものですから、Airathに乗り込んで領主を倒し、続いてWolfguardを倒し、彼に乗り移っていたSamaelが出てきたところを叩けばなんとかなりそうです。いよいよ最終決戦、準備を整え、Airathへと出発します。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/19 19:08 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/63-db40334a