FC2ブログ








「Baldur's Gate 3」発表!


待望の続編

しばらく前にクラウドゲーム業界へと参入を発表していたGoogleさん、つい先日にそのサービス「Stadia」の詳細が発表されるということで、どんなものが出るのかと関連のニュースを見ていたら、その関連でドでかい発表がありました。「Baldur's Gate 3」の発表です!しかも開発がLarian Studios! 正直、これは驚きました。最近はクラッシック系のCRPGがいい感じに盛り上がりを見せており、Divinity Original SinやPillars of Eternityなどの、過去のレジェンド級作品に勝るとも劣らないような傑作が発売されては売れ行きも好調。さらにEnhanced Edition系のHD対応復刻版も次々登場するなど、確かにここで開発に踏み切るだけの時は満ちた感があります。そしてLarian StudiosもそのCRPGの開発力と期待に応える力では今やトップクラス。考えうる限り最高のタイミング、最上の組み合わせと言えます。いやそれにしてもLarian Studiosが自社外ブランドに携わるとは。とにかく驚きです。

なおLarian Studiosはしばらく前にも別作品の開発を発表されておりました。Divinityの名を関したシリーズ「Divinity Fallen Heroes」です。こちらはDivinity世界観とOriginal Sinシリーズのタクティカル成分によりフォーカスにしたRPGになるそうで、戦闘と育成にどっぷりハマるようなものになりそうですね。こちらも期待大ながら、二本も同時発表して大丈夫なんだろうか。Fallen Heroesの方は2019年発売予定と出ているので、こちらが冬ごろに発売、Baldur's Gate 3の方が2020年頃の発売になりそうな雰囲気ですね。Larian Studiosの作品がこのペースで出るのは珍しいので、どちらも発売日買いして思い切り楽しみたいと思います。無理してパンクしないでくれよ。

ちなみに一緒に見ていたStadiaの詳細はというと、現時点では相当に厳しそうだなという感想。発表段階ではクラウドを使って場所を選ばず、いつでもどこでも、ブラウザが入っていれば機種も選ばず低スペックでも高画質でのプレイ可能、さらに動画サービスと連動して人のゲーム配信の途中から続きプレイや乱入も可能と、夢のある発表がなされていました。それが価格帯をみると、9.99ドルの月額制で遊べるのはいくらかの範囲で用意された作品で新作は含まれず、新作は個別の買い切りが必要。月額とソフト購入は分かれているので、EGGのようなクレイジーさはなくまだ親切ではありますが、現状のCS機での月額サービスや、PCでのHumbleまたは各社から出ているサブスクリプションサービスに比べると、価格競争力ではよくて互角、ソフト資産や新規参入である事を考えるとこれはスタート前から負けているのではないかと。

通信量も相当にネックになりそうな予感がしますね。無理に4KなどせずにフルHDで遊ぶ分にはそれほど困る事はないかなとも思いますが、現状国内はどこも通信量の増加に悩んでいて、有線インターネットサービスの業者ですら通信量によっては速度を絞ったりするなんて例も出ていますから。実際Stadiaの特徴である「どこでも」をやろうと思った時に、一番困るのがネットの確保なんですよね。無線Wifiくらいなら比較的どこでも確保できる時代にはなりましたが、それでも高速で使いたい放題というレベルには程遠く、結局のところほどほどの通信量と、手元のマシンパワーで遊べるものが最適解という結果になっていまいます。それがスマホでありSwitchなのかなと。

かといって自宅などで高速回線が確保できている人ならば、既にPCかCS機を所持しており、どっしりと腰を落ち着けてプレイするスタイルが確立されているでしょうから、よほどそれらを所持できない事情でもない限りは乗り換えはしないのではないかと。その範囲内で動きながら遊ぶなら、リモートプレイが大抵対応していますしね。重たいゲームのDLがいらないというのは利点ではありますが、その分プレイ中の通信量がきついというのと、そもそもそんなに何本もとっかえひっかえ遊ぶこともないしなあ。SSDはどんどん安くなっているし、SteamのDLは速いからすぐ終わるし。幸いBG3はStadiaにも出すというだけでPCにも出ますので、こちらはPCで楽しむことになると思います。Googleの力で将来の主流になる可能性もあるでしょうが、まずは見守るだけで終わりそうな予感。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/06/08 06:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/625-e7b74a56