FC2ブログ








根源強化完了

divinity002246.jpg
ボスはともかく腐敗がきつい

10連休も終了。無事に乗り越え、というか大半が仕事だったわけですが疲労困憊しながらもDivinity:OS2の続きを進めています。やっぱりどこも強烈に混んでましたね。ただ今の時代はネットでの混雑予想の精度が高く、さらに実際の渋滞情報もリアルタイムでほぼ正確なものが入るので、上手く立ち回れば楽しく観光できそうです。

世界は根源の影響でおかしくなっているのは周知ながら、このエリアでは天変地異かというくらいに崩壊しており、さらに立ち入ったらもれなく腐敗のステータスが付いてくるという危険地帯となっています。幸いほとんどイベントも戦闘もなく、テレポートとピラミッド再集合を繰り返しながら進んでいくと、廃屋にアルミラと名乗る魔女とその連れ合いが避難しておりました。連れ合いを助けてくれたら、根源の技を教えてくれるというわけで、ここも人助けと実益を兼ねて承諾。傷を治すなら回復魔法をかければいいやというのがこれまででしたが、今回は彼も腐敗を受けているため、ここで回復をかけると即ちトドメとなってしまいます。この奥にこの腐敗オーラを発している根源の魔物がいるらしいので、そいつを討伐することにします。

ずいずい進んでいくとそれらしき悪魔のような魔物がいるエリアにたどり着きました。さてこれからどうしよう。なんせずっと腐敗が付いたままで剥がれないので、回復魔法が一切使えません。なんか術があるのか? 試しに挑んでみたら相手の火力もかなり高めで、高所からの攻撃でどんどん装甲から体力まで削られて全滅してしまいました。勝てる方法は必ずあるはず、ここは知力の見せ所だな。その後しばらく周りをいろいろ探ったり、スキル一覧を名眺めて考えてはみたものの、このステータス異常を克服できそうなものは見当たりません。うーむ・・・。

そして再戦。こちらがやられる前に相手を倒せばよいというインテリジェンス溢れる戦術で挑みました。ほら、その為の装甲だしと盾を持って装甲を強化。会話を発生させる前に高台に陣取り、そこからの遠距離攻撃を撃ち込んでの先制攻撃から戦闘開始。その後も登ってこようとする取り巻きは半ば無視して、本体だけにあらゆる攻撃を連発。根源スキルも惜しみなく使って強引に押し切りました。根源スキルは制限があるだけに強力な物が多く、特に今のパーティーメンバーではレッドプリンスの睨みが便利です。これは効果が相手の魔法装甲だけに限定されるものの、強攻撃魔法2発分くらいの魔法装甲をはぎ取る事ができるので、最初にこれを使ってしまえばあとは攻撃魔法で、敵の生命力をおもしろいように削っていけます。



divinity002247.jpg
霊視で通る。気づく前に死の霧で何回か死にました。

根源スキルの強化もほぼ終了。どうも5,6人ほどいる根源の魔術師から、2人分ほどのクエストを終えれば大丈夫なようです。でもまだ行ってない所もあるし、メインじゃない他のクエストにもつながって稼ぎにもなるしってことで、残りのエリアの探索を続行。エリア最北部のデーモンの島にお邪魔しています。死の霧に覆われているこの島は、最初の侵入にまず戸惑ってしまいますが、ここはこれまでにもことあるごとに使っていた霊視を使えば解決。簡単に言っているけど、実は行き方が分からなくてほぼ最後の探索になってしまったわけですが。

ここはデーモンのアドヴォケートが仕切るエリア。元は悪魔祓いの拠点となっていた地ですが、人間の知力ではそれも完全に成功するまでには至らず、最終的には滅びてしまい現状に至っているようです。島のあちこちにはいまだにデーモンに憑かれている人が幽閉されており、もはや霊になってしまった悪魔祓いさん達の情報を得ながら対処をしていくことになります。霊が多いのでここでも霊視が大活躍ですね。このスキルは根源ポイントの消費もないので、何か怪しい所があったらすぐ使う癖をつけておきましょう。



divinity002248.jpg
紳士的なデーモン。戦いを避ける事もできるけど・・・

先ほどの戦いでもそうだったのですが、敵の強さがどんどん上がってきており、装甲、特に盾の重要度が非常に高くなっています。序盤ではそうでもなかったけれども、盾の装甲は他の装備とは比べものにならないほど高い数値に設定されており、盾ありとなしのキャラクターとでは、全体の装甲が1.5~2倍も違ったりします。さらに盾に自動でついてくるシールドアップのスキルでは装甲の大幅な回復が可能で、両者を合わせると耐久力は2,3倍は変わってくるんじゃないかと思います。おかげで今回は両手武器を持った盾ナシのキャラクターは少々使いにくいですね。

そんな中で主人公は、両手武器の弓使いというわけで自分らしい安定の外しっぷり。前作では大活躍していた弓使いは、今回厳しめですね。通常攻撃で遠距離物理攻撃がCDなしで使いたい放題というのはかなりのメリットではあるものの、前作で猛威を振るっていたアロースプレーなどの高威力スキルが軒並み根源ポイントを使うスキルになってしまい、使い勝手が低下。また高所射撃+スキル極振りを前提としているのか、攻撃力も全体的に控えめになっています。そして前述の通り装甲の低さがとにかく目立ち、いつも真っ先に装甲が削れてピンチに陥るという、割とパーティーのお荷物になりかねない扱いで過ごしています。不遇だ。

また盾には武術スキルでバウンシングシールドという技があり、これがまた強力。これは遠距離攻撃で、盾の物理装甲に応じた物理ダメージを敵に与えるというもの。さらに標的の近くにいる敵1体に跳ね返って2体までダメージを与えます。注目ポイントは各プライマリステータス依存ではなく、完全に盾の物理装甲依存でダメージ計算しているという部分。非力なキャスター系キャラクターであっても、強烈な物理ダメージを叩き出すことができるのです。盾の物理装甲は非常に高いので、一発で1000とかいきます。CDは長めで連発はできないけど、テレポートで敵をまとめながらみんなで盾を投げていると大抵の敵は1-2ターンで壊滅状態になるから、遠距離物理はこれだけでもいいような気もしてきます。CD無しで連発できる弓はトドメ係にいるような気もするけど、リスペックしてみんなで盾を持とうかなあ。とにかく今回は盾が強いです。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/05/08 07:44 ] PCゲーム Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/617-ee5bf372