FC2ブログ








Ascension to the Throne その8

今回はEdwardのエリアへ。そこにはAirathへ帰るのにも必要な海図もあるらしいですから、ここを治めれば後は国に帰って王座を取り戻すだけになります。彼の領地には船じゃないと渡れない島にあるので、造船所へ。


divinity000232.jpg
と、そこでEneyaが自分の国Annarothに帰ると言い出しました。

彼女の第一目的はそれでしたからね。今までは船を手に入れるという目的が一致していただけで。名残惜しいですが彼女とはここでお別れです。ぶっちゃけた話、NPCは1人単位で1枠を取るので、10人のノーマルユニットを入れられる状態のほうが戦闘が楽だったりするわけですが。彼女と別れてEdwardの島へと乗り込みます。


divinity000233.jpg
Edwardさんと対面。

こんな時代でもニュースが駆け巡る速度は人の足よりも速く、彼はこちらの事や今までの戦果をよく知っていました。しかし彼もこちらより先にArthurの忠誠を勝ち取った男だけの事はあり、自分が劣るとは微塵も思ってない様子です。Edwardはどちらが真の王たる者か、軍隊をぶつからせて試してみようじゃないかと言います。無駄な損害を出さないように1vs1でいいんじゃないの?と思いましたが、軍隊を率いての戦いこそが王の戦いだとの理論に押し込まれました。後ろに従えた巨人族を見るに、軍隊も相当強力そうな予感。


divinity000235.jpg
指定された場所に行くと、手幕まで張って準備万端です。

こうなっているとなんか模擬戦っぽいですけど、これ実戦なのよね。この世界のノリはいまいちついていけない時があります。王の都合のために命を失う事になる部下達・・・かわいそうに。今まで自分が盾にした100人以上の農民の事はしっかり忘れて、きれいごとを言ってみたりします。


divinity000236.jpg
ここもボス戦らしく何回かの連戦をやることに。しっかり準備して、損害が次戦に響かないように戦っていきましょう。敵は肉体派がかなり多めで飛び道具のいい的になりそうですが、能力自体は上位の連中が揃っており、油断していると食いつかれます。画像のKnight of the sunはArthurのところでも雇える上位直接攻撃ユニット。アマゾン最上位ユニットFuryの一斉射撃でも2体しかやられない硬さを誇ります。2スタック以上での集中攻撃をして早めに倒しましょう。

敵にカーソルを合わせればその攻撃でどれくらいの損害を与えられるかがわかります。倒せる場合はこのようにドクロマークが出て、倒せない場合も体力がどれくらい減るかも解ります。10人vs10人でボコスカやりあうという戦闘ですから、こういう機能はうれしいです。


divinity000234.jpg
なんとかEdwardを下して大陸統一。海図も手に入れたしあとはAirathに戻って自国を取り戻すのみ!というところで、船で待っていたFrederickがやってきました。Eneyaから伝書鳩が来て、助けを求めているとの事です。手紙に書かれている事によれば、Airathで起っていることにも関係しているらしいので、まずはAnnarothへ渡る事にします!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/15 19:32 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/60-790d2e0f