FC2ブログ








ストア競争の時代

divinity002181.jpg
問題のタイトル

Epic Storeが荒れています。Metoro Exodusの発売直前にEpic独占を打ち出し、THQの釈明という名の燃料追加をしながら、大荒れにあれている模様です。私は年末に少し書いたように、近年のネットストアの発展によって多大な恩恵を受けた立場で、ネットストアが無い状態から色々ある状態までを過ごしていますので、新しくストアやランチャーができる分には別にいいかなという立場だったわけですが、Steamで大々的に予約を取っていたのを、いきなり中止して独占に切り替えたらねえ。それは荒れますわ。金銭的にはプラスではあっても、ブランドイメージという点では計り知れないマイナスを叩き出してしまったのではないでしょうか。

私はと言えば当ブログを見ての通りCRPGばかりをやっているので、Epic Storeで何かを買うようになる予定は全くありません。Larian Studiosがなびいたら考えるかというところですが、しばらく静観をすることになりそうです。現時点では特定のソフトを買う時だけに起動して、それ以外のメインはSteamというような状態。要するに今と同じ状態が続くという事になる確率が高いと思います。何はともあれ、今後の動向には要注意です。荒らすだけ荒らして撤退が最悪かついちばんありそうなパターンかな。

ちなみに自分の現在のネットストアおよびランチャーの使用状況は以下。

・Steam
 主力中の主力。最初のころは他が主力だったけれど、管理機能、フォーラムやレビュー等の充実さと使いやすさが断トツで、どんどん比率を高めて今に至る。使ってみるとやっぱり使われる理由があるなと思いますね。王者の風格です。他ストアでの購入もSteamキーでアクティベートしてねという所も多いし、なかなかこの牙城を崩すのは難しいのではないでしょうか。ただ最近ゴミとエロ、もしくはその両方の作品が増えてきて、邪魔だなと思う事もしばしば。

・GOG
 主力。Steamでは扱っていないCRPGを沢山揃えていたり、現環境では動かない作品を独自に動かせるようにして販売したりと、独自の存在感で光っている素敵なストア。もちろんDRMフリーというのも大きなウリ。最近は品揃えや環境対応の部分でSteamに並ばれたりもしていますが、GOG Galaxyも使いやすいし、いい所だと思います。

・Origin
 ほとんど起動せず。よく考えればEAの作品と自分はあまりつながりがないなと。Dragon Ageをやるときのみに起動するのでしょう。いいRPG出さないかな。一社のストアというのは利益面ではよくても、ラインナップの面で出番が減ってしまうので、そこが弱点になりますね。

・Microsoft Store
 意外とアリ。Windowsアカウントは普段使いしているのと、最近はXboxとの連携を進めているために、ちょこちょこ覗いては気になるものをプレイしていたりします。品揃えはXbox系列の最新物から和アーケードが混じっていたり、さらにアイテム探しやら無料スマホアプリ系ものも多数。Microsoftが誇るマインスイーパーとソリティアもちろんありで、なかなかのカオスっぷり。

・Uplay
 悪名高いストアではあるけれど、最近は落ち着き気味。Epicがもっと目立ってるのと、やはり一社タイプでラインナップが少ないのでそんな炎上する材料が追加されません。販売自体はSteam他ストアでもやってますしね。落ち着きに合わせて出番もほぼ無く、やりたいソフトをプレイするときだけ立ち上げるというポジションです。

・Battle Net
 かつての主力。World of Warcraftは毎日のように起動しており、どれだけの時間を使ってしまったか。その後もヒット作を発売しているので今も人によっては主力だけど、DIABLO3に見た方向性やその後のスマホ化を考えるに、もう尖った方には行けない企業規模になっているんだなと思います。また起動するときはくるのだろうか。

・Gamers Gate
 昔はSteamになくともここにあるものが多く、個人的に気に入って使っていました。ロシアゲーならここという印象。今もちょこちょこ覗いているけれども、やはり管理のしやすさではSteam、GOGに劣るのであまり棚は増えていません。何か引っ張り出してまた遊ぼうか。

・Desura
 死亡。Steamがインディゲームを本格的に始めてしまったのが痛かった。

・EGG
 日本のGOGとでもいうべき存在。月額利用料+ソフト購入のハイブリッドという比類なき課金体系はGOGを悪い意味で圧倒。それでも存続してるあたり、まだまだ日本は余裕がありますね。月額利用料を払えば無料で遊べるゲームも揃えているので、いろいろ間違えている気もするけれど、少しは良心的になりながら家庭用機のオンラインサービス的な存在になるのかもしれません。放置しながら静観。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/02/12 07:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/598-5620c4ff