FC2ブログ








恐怖の時代再び

divinity002171.jpg
2いってみよう

しばらく前にプレイしていたAge of Fearの2をプレイ。インストール自体は前からして、ちょこちょこ遊んだりもしていたのですが、1も含めてずいぶんと頻繁にアップデートがかかっていて気になっていたのですよ。しばらくぶりに見てみると別物かというような変化を遂げておりました。

あと最近、このAge of Fearシリーズは無料ゲームとしての展開も始めています。SteamでもAge of Fear Free Wordlとしてストアに出ていますね。ざっと見た感じだとルールや内容はほぼ一緒。有料版からメインストーリーがなくなって、ランダム戦闘+ランダムイベントで自分の軍隊を思うさま育てられるというような内容になっているようです。個人的にはストーリーがあるものが好きなのと、有料版をやっていればそれで事が足りそうな気はするけれど、ストーリーは気にせずに好きな部隊が組めて思うがままに戦えるだろうから、そこは楽しめそうですね。こちらはまだ全くの手つかずながら、無料ゲームで気楽に始められそうだし、また機会を見てプレイをしていこうと思います。興味がある方はぜひ無料版をやってみてください。地味ながら楽しい作品ですよ。



divinity002174.jpg
ワールドマップが採用される

今回のキャンペーンはデーモンとオークの2編。前作では人間とアンデッドだったから、今回はどちらもダーク系の戦いになりそうです。早速デーモン編をスタート、主人公はサキュバスで魔界を飛び出し地上に出たところから物語が始まります。まず目を引くのがz前作および旧バージョンではなかった広大なフィールド。クロスしている矢のマークが戦闘イベント、お金マークがショップおよび部隊編成マス、本マークは人と会ったりや施設の訪問で起こるその他イベント、宝石マークはメインクエストが進行する戦闘イベントとなっています。各マスは戦闘をするたびにランダムで更新されるようで、だんだん減っていったりはしませんから、メインクエストそっちのけで戦い稼ぎ続けるという事もできるのかな。以前もシミュレーションRPGというジャンルではありましたが、ステージは固定で稼ぎプレイなどはできませんでしたから、それに比べるとぐっとRPG部分が増えた印象です。間口も広くなったんじゃないでしょうか。ちなみに前作では前作ではと連呼しているけれど、そちらもアップデートにより同じ仕様になっているようですから、別に前作が敷居が高いってことはないです。未経験の方も安心して買いましょう。

戦闘はボードゲーム風の真上視点で行うターン制システム。こちらのユニットが全員動き終わってターンを終了したら、交代で敵のターンが始まるという分かりやすいものです。移動はヘックス制ではないフリー仕様で、昔のウォーゲームなんかは定規を使ってやっていたそうですから、そちらの延長戦上という感覚でしょうか。Warhammerのフィギュアなんか見てるとそういうのもあこがれるけど、有り余る金とアメリカンサイズの家がないと不可能な娯楽でしょうね。コンピューターの時代に感謝。敵や味方の移動範囲、攻撃範囲などはクリック一つでぱっとわかるので、フリー仕様だからわかりにくく戦術が取りにくくなるという事もありません。むしろほんの僅かな配置のずらし具合が大きな差になったりで、なかなかのよい味わい。


divinity002173.jpg
ヒーロー二人の道中

スタートしてすぐ、オークの群れに襲われている人間の騎士に遭遇。こちらはデーモンだし別に何の義理もないのだけれども、なりゆきで助けて共に行動をすることになりました。こちらをLady、Ladyと連呼するちょっとバカっぽい騎士、Percival君。どういう関係になっていくかも注目する展開にもなりそうです。ちなみに彼も主人公と同じヒーローユニット扱いで、ヒーロー特典として武器防具の装備ができます。武器防具は普通に攻撃防御がアップするものだけではなく、属性防御がついたり、特殊スキルが使えるようになったりと、ユニットの用法ががらりと変わるほどの強化をできるものがあったりするので、ヒーローユニット2体を擁するこの部隊の潜在戦闘能力は恐るべきものがあります。あとはいい装備だな。いろいろ集めていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/01/30 08:07 ] Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/595-9d90ae0d