FC2ブログ








Tyranny その7

divinity002110.jpg

Tyrannyは緩慢ながらも確実に進行中。ボイスオブネラットとどこかで手を切りたいなあと思いながらも、選択肢では、「では死ね」などと言いながらいきなり攻撃する等、最終手段に訴える選択肢ばかりが出るので、そこまでするほどじゃないかなと保留。そしてこのクエストくらいならいいかなと仕事に出るという、DV夫と手を切れない共依存妻みたいな状態になっています。

そうして今回はアルコンであるケインの討伐へ。彼は大帝の石の布告を受けて瀕死の状態、ただそれでも強大な力をもつアルコンだけあって瀕死ながらもなんとか生き延びており、そこにディスフェイバードが何らかの支援をしようと集まっているらしいです。石の布告の解除条件はケインの死であり、彼が生きている限り大地に被害が生まれ続けるという状態になっているので、前回の嵐の布告と同じく、どちらを犠牲にするかという選択にになりそう。もっとも、前回と違ってそこまで逡巡するような事情は、今の所こちらにはありませんけどね。

石の布告で地割れや崖だらけになった地域を探索。農民は農作物が取れず、どこの地域も壊滅寸前。どの布告もはた迷惑な事この上ありません。



divinity002111.jpg
スパイアで研究を進める

ここにはスパイアもあるので、そこも目的地の一つに。スパイアは全部で5か所、作れる施設も5種類で、取捨選択の必要はないですね。どの施設を先にするかの優先度を選ぶくらいでしょうか。前も言ったけれど装備の更新があまりないので、鍛冶屋が早いほうがいいように思えます。スパイアを作ったら、時間でアイテムを無料生産してくれるNPCを最優先で雇用していきましょう。POEの拠点と違い、一旦雇用した人にはその後の維持費がかからない様子なので、目一杯雇っても困らなさそうです。スパイア自体の維持費だけ計算して、財布の中身と相談しながら開発をしていきましょう。ちなみに全財産はまだ7シルバーを行ったり来たりです。どうも稼ぎ用の無限戦闘マップなんかはなさそうですね。

道中ではビーストマンの一族とも関わります。種族は違えどなかなか話の通じる連中で、むしろスカーレットコーラスよりもまだ理性があるか。話しているうちに仲良くなって、そのままコーラス加入となりました。部族の長はボイスオブネラットへ会いにいこうとします。おいおいやめとけって。全力で嫌な予感がして止めようと頑張りましたが、いかんせん選択肢がなく、彼はネラットの元へ。その後カタフォニーへ行くと、案の定串刺しにされて晒しものになっていました。なんなんでしょうねこのアルコンは。恐怖と不気味さでの支配とはいえ、よくこんなのでスカーレットコーラスを統率できるものだと思います。ちなみに今まで関わった中で、ネラット送りになった人の処刑率は100%。彼は相手を拷問をして精神を崩壊させる中で、相手の知識を自分の物にできるという能力を持っており、その為にこういう事をやっているわけなのですが、それにしてもねえ・・・。



divinity002112.jpg
ケインさん

ケインの所に到着、なんかとんでもなくデカいんですけど。素のサイズなのか、布告の効果なのか。ここは地球だったのかとへたり込みそうなサイズです。こんなのと戦闘になったら生きては帰れんぞと思いながら偵察をしていくと、やはり事前情報の通りで瀕死になっており、動く気配はありません。ただディスフェイバードとアースシェイカーの一団が周囲で儀式をしており、エネルギー波がケインに注がれています。これを妨害すればいいんだな。人外とやりあうよりは気が楽かな。

そういえばこの作品は他RPGとちがって、異形の怪物との戦いがほとんど発生しません。今の所、戦闘の9割が同じ人間系との戦いになっています。地味ではありますが、相手にどのスキルを使われたか、何が起こっているかを見ながら戦いを進めるという点では大変やりやすいです。初見の怪物から未知のスキルでいきなり殺されたってパターンはほぼ無いですね。リアル系と言っていいのかどうかはともかく、独特の調整が楽しめます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/10/14 06:57 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/576-f0fa56e9