FC2ブログ








Tyranny その4

divinity002099.jpg
出頭してます

スパイアやその周辺をうろうろ寄り道しながら、チュノンの法廷へと出頭。こちらでもちょうど、ディスフェイバードとスカーレットコーラスが法廷闘争をしており、チュノンがそれを裁いていました。カイロスの下で幹部クラスになっている他の面々と同じく、この人も人外に一歩踏み入れている様子で、浮いてたり光ってたりして怪しい上司です。それだけ恐ろしい力を持っているわけですね。

ひと裁きが終わると、主人公の報告タイム。これまでの戦いや、二勢力の間で見たことを虚実を交えながら報告していきましょう。そういいながらも、あんまり虚を入れると後が怖そうなので、なるべく正直に話していたりしますけど。この作品は会話中での選択肢にひと際力が入っていて面白いですね。会話の中では、主に勢力や仲間ごとの有効度が変動していくのかな。変な選択肢を選んで致命的な失敗になるようなものはなさそうですから、物語を楽しみながら答えていくことにします。



divinity002101.jpg
ガンガン動く名声

そうして会話を楽しんでいると、ステータス画面の名声の項目がどんどん増えて、ゲージも変動しまくりな状態に。各項目はそれぞれ友好と嫌悪のゲージからなっており、これまでどう動いたかの履歴も一目瞭然。ユニークなのは、それぞれの名声度の上がり方により、新たなスキルが増えていくこと。画像だと名声が3と5の段階にアイコンがありますが、そこまで到達するとスキルがアンロックされる事になります。

これらの名声スキルは、仲間毎ではコンビネーションスキルと呼ばれるものになります。主人公と仲間、二人の力を合わせて発動させる強力スキルという位置づけで、高レベルの物は1休息ごとに一回なんて制限があったりもしますが、それに値する威力があるものばかりなので、これをうまく使いこなしていくのが秘訣となりそうですね。友情パワーで大逆転なんて熱い展開が生まれます。

スキルといえば、この作品では今の所、回数制限のあるスキルが1エンカウント毎、1休息毎というのが一部あるくらいで、ほとんどがクールダウンのみの、使用回数無制限スキルになっています。マジックポイントに該当するものも無しですね。その分全体的に再使用の時間が長めにはなっているものの、このおかげでスキルをガンガンに使いながらの、いそがしくも面白い戦いが楽しめます。これがあるから、前衛キャラにも補助魔法を持たせておくのがいい感じですね。熟練度も上がりますし。



divinity002100.jpg
そして新たな使命

それからまた二勢力の間を調査をしながら過ごす事に。スカーレットコーラスとはそんなに仲良くなるつもりは無いんだけどなあと思いつつも、またボイスオブネラットの元に戻って彼からの話を聞いていきます。最終的にどうなるのかは分かりませんが、今はまだ大人しくしておこうか。

そして彼からは二つの使命を受け取りました。一つはグレイブンアッシュの娘を捕らえる事、彼女は嵐の布告で滅びた地域にまだ生き残っている反乱軍に、捕らえられているとかいないとか。そしてもう一つは、沈黙の書と呼ばれる禁書を見つけてくる事、こちらは炎の布告で滅びた、賢者達の施設、灰燼の文殿に眠っているそうです。どちらも布告のせいで上手い事探索が進まず難儀しており、布告って味方にとっても害になっているよなあという気持ちになります。

この二つの使命はどちらからでも行けるのかな。グレイブンアッシュの娘探しは、ディスフェイバードとの激突を含んだ展開になりそうなので、まずは禁書探しから取り掛かろう。今の時点では時間制限はないので、じっくり腰を据えて取り掛かっていきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/09/30 06:17 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/573-dffecfe0