スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Stronghold その8 (完)

divinity002024.jpg
圧倒的な我が城

Pigを滅ぼし、最後に残ったWolfとの戦いを進めています。今回は建設中の要塞を指揮して、Wolf軍をおびき寄せ撃退するのが目標。防衛ミッションならよっぽど変な城でもない限りは安心して戦えるから、よっぽどのにならないでくれよと思いながらスタート、自陣チェックをしていくと、これはかなりよくできた城で安心ムードになりました。

要塞というだけあって、何段階かに分かれた曲輪に塔がびっしり。周囲は堀と崖で囲まれていて地の利も上々です。砦の周りは荒れ地だったり坂道になっていて、そこだけは施設が建て難いものの、少し歩いたら緑地で麦畑も自由に作れるので、内政面もほとんど文句なしという状態。圧倒的ではないか。

ただこちらだけが一方的に有利というわけではなく、敵もそれに見合った強大な軍勢で攻めてきます。剣兵や騎馬兵、攻城兵器などがわんさと入り乱れてやってくるのを、突破されないように上手く撃退していきましょう。ここもいつだったかの崖の面であったように、まずは防衛ラインと戦力の集中をした方がいいですね。城の周りを囲むようにある塔や門に、それぞれ弓兵が配備されていたほうが城らしくていいけど、敵が攻めてくる方向はほぼ決まっているのでそちらに全力を投入します。画面の奥まった位置にあるような塔の弓兵はかき集めて前線へ。塔自体も壊して石を調達し、前線に角塔を増やしたほうがいいでしょう。

資源もたっぷりとあって、油などは炎トラップや壁から落とすのに使ってねと言わんばかり用意されてますが、市場で売り払って石弓を揃える資金にしちゃいます。油壷担当の技術兵は塔バリスタに転勤だな。とにかく飛び道具が物を言う世界なのです。



divinity002025.jpg
最終決戦、こちらはWolf城

先の面で押し寄せるWolf軍をいいように撃ってハリネズミにした後、今度はこちらがカウンターで相手の城に攻め込む事になりました。威勢はいいけど、要するに攻城ミッションということで、またも生産不可、手持ちの軍だけで戦う嫌な面です。そんな無理して攻めなくてもいいじゃないか。城をいくつも作りながら圧殺していこうや。

今回も相手の城はがっちりと堀と塔とで囲まれており、まずは堀埋めだけで相当な犠牲がでそうな雰囲気です。ただ今回はこちらに新たな攻城兵器として、投石器が作れるようになっているのがポイント。これはカタパルトのように移動はできず、作ったらその場から攻撃するだけの兵器ですが、その分長大な射程を持っていて、相手の弓の射程外から塔を一方的に破壊することができます。作るのには金がかかり、内政が無い面だからスタート時の手持ち資金分までしか作れないので、これをどこにどれだけ投入するかが問題となりますね。



divinity002026.jpg
最後は火炎トラップ

投石器で敵の塔を破壊しながらじっくりと攻めていく我が軍。投石器は弓などと同じように狙い通りの所に当たるとは限らず、けっこう連続で外したりもしますが、1台で塔1本は壊せますね。セーブしながら粘れば2台で3本いけるかという所。対人用に牛の死体を投げ込んでの疫病攻撃というのもできるので、塔と兵とを確実に削り取りながらの進撃ができます。

投石器をどこで使うかですが、敵の塔バリスタからの攻撃が、射程もべらぼうに長くて破城槌などの攻城兵器にも大ダメージといういやらしい物なので、これが配備されている塔を狙うのがいいんじゃないかと思います。後はやっぱり最初の堀埋めがきついから、最初の方で全部使ってしまうかですね。

そうして相手の防衛ラインを一つ一つ越えていき、最後の門を壊して砦にいる王まで障害無しとなればもう勝利は目前。ただ最後の砦手前の平地には油がみっしりと撒かれており、勝ちを確信して全軍まとめての突撃をすると、ここで大打撃を受ける可能性があります。最初にだれかに行ってもらって油を消費してもらいましょう。そうしたら今度こそ障害は無し。Wolfを討ち取ればエンディングです。



クリア。城作りと防衛に特化した作品だけにその二つが非常に楽しく、城の縄張りを考えながら自由に壁を張って塔を配置する創作と、弓兵の猛射撃で敵を撃退する爽快感で延々と遊べてしまいます。今でいうサンドボックスものと、タワーディフェンスを合わせたようなというか、その源流をやっているような気分ですね。操作やUIも、RTS全盛期の作品だけに完成度は高く、HD化もあって今の時代にやってもストレスは全く感じさせません。逆に城攻めの方は禿げ上がりそうになるけど、まあそこは設定上仕方ないですしね。

しいて欠点を言うなら、キャンペーンでは時間制限があるものが多かったり、フリーミッションでも自分の城に相手が攻めてくるというパターンがメインで、自分好みの城を好きなだけ時間をかけて作って、相手の城と心ゆくまで攻め合うという遊び方がほとんどできない所でしょうか。もっともここは、続編というか単独拡張的なポジションのストロングホールドクルセイダーがカバーしており、そちらではほとんどが城vs城のミッションになっているので、2本合わせて遊べば死角はなくなります。今の時代なら2本合わせて買っても、現行ソフトの1本分もかかりませんし。名作です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/04 12:54 ] PCゲーム Stronghold | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/544-23be3516


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。