FC2ブログ








Stronghold

divinity002005.jpg
城を作ろう

春になったことだし、ここらでひとつ箱庭系の物でまったりと過ごそうかと思い、Strongholdをスタートしてみました。中世を舞台にしたRTSなのですが、Strongholdの名の通り攻城戦、防衛戦に特化した作りになっており、他のRTSのようにラッシュやハラスをせずに籠っていても殺されるだけという事がないので、今の気分にぴったりあった一品といえます。かなり昔の作品ですが、今の時代に合わせてHD対応になっており、低解像度に困る事もなく快適に遊べそうです。



divinity002003.jpg
チュートリアルミッションが続く

早速キャンペーンモードをスタート。ストーリーは親を殺されて領地も奪われた主人公が、それを取り戻すのに奮闘するというもの。何もかも失ってしまった主人公、裸一貫で城以前、木の砦からの一歩となります。ちなみにチュートリアルはかなり丁寧で、何面にも分かれていて序盤でみっちりと基本を叩きこんでくれます。

他RTSと違って特徴的なのは、労働者の操作が簡略化されていて必要ない事。住民は人口上限まで自動で湧いて、砦の前のたき火でたむろしており、何かを建てると、自動でそちらに向かって仕事をし始めてくれます。これで城作りと戦闘に専念できるというわけですね。よくできています。

今の所は建物も砦も全て木製なので、木こりを大増員して伐りまくってもらいます。仕事は自動だけれど資源ができるまでにけっこう時間が掛かるので、先を見越して多めに働かせておくのがいいかな。また人はいるだけ食料を消費し、なくなるとどんどん評判が下がって、やがて働く人までいなくなってしまうので、食料の確保も重大な使命となります。狩猟小屋も建てて肉を獲ってきてもらいましょう。そうして木こり3名、狩人3名の布陣が完成しました。これちゃんとした軍になるんかいな。



divinity002004.jpg
砦完成

チュートリアルは続いてこの面では狼の群れを狩る事に。狼といえど数が多くて住民で相手をするのはかなり厳しく、ここで兵士の調達方法を学んでいきます。弓作成所を作ると、そこのおっちゃんが資源置き場に木を取りに行き、作った弓を武器庫に納める、そして武器庫にある弓の数だけ訓練所で弓兵を雇えるという流れで、少しずつ兵力を増やしていきます。やっぱり作成速度は遅めなので、数を増やしてカバーしていきたい所。

木柵で囲って門も配置し、さらに見張り台もつけて弓兵を配置、ようやく砦らしくなりました。見張り台から狼の群れに向かって斉射すると、相手は柵で阻まれたこちらに近づくこともできず、一方的になぎ倒してのクリアとなりました。これが動物ではなく敵の軍が相手になっていくのでどうなるかという所ですが、この調子で籠城生活を楽しんでいこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/04/10 00:19 ] PCゲーム Stronghold | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/537-895dce61