FC2ブログ








Age of Fear その2

divinity001989.jpg
心強い仲間

ゴブリン達との数度の戦いを勝ち抜き、彼らと行動を共にしていた裏切り者の人間の騎士も倒し、その手柄でもって念願の騎士になったEdward君。それでもまだまだ戦いの旅は続きます。

この作品でのユニットは死んだらそこで消滅、ステージ間でお金で雇えるという生産ルールに近いものながら、戦闘で得た経験値を使ってスキルやクラスチェンジができるという、それなりの成長要素もあって長く生き残らせるのが重要になります。しかし前回書いたように全体的にライフが少ないし、回復できる施設や人がいないしできっついなあと思っていたら、進んだところで回復クラスのプリーストが仲間になってくれました。ステータスは低いけれど、このルールでは値千金の超重要ユニットです。これは最優先で雇わねばならんでしょう。



divinity001990.jpg
なおも戦いは続く

育成が進み、雇えるユニットが増え、だんだんルールにも慣れてきて楽しくなってきました。ゴブリンどもに挟み撃ちに会いましたが頑張って撃退しています。

画像の移動範囲を見れば分かるように、この世界の人々は回り込むという行動を取れません。円形の移動範囲でも移動は一直線であり、今日から僕はまっすぐになのです。だめな奴らだなと見せかけて、これが戦術を考えさせる要素になっており、味方前衛1体だけでこちらの後列への攻撃をブロックしたり、逆に敵を1体倒すだけで相手の後列に手が届くようになるなど、移動範囲とその制御が重要な要素になっています。背後からの攻撃は命中率がアップするというのもありますね。

マップには宝箱もあり、画像だと上方に80%と表示されているものがそれです。攻撃して開けるとアイテムやお金が手に入るのでつい優先的に欲しくなるけれど、敵を全滅させた後も戦闘を終わらせずにマップを自由に歩くという選択肢がでるので、あせらずにその時を待った方がいいでしょう。まれに何もない所にも命中率表示が出て、殴ってみると宝箱が出るという隠しもありますね。



divinity001991.jpg
強化中

拾った装備でEdward君を強化。編成画面ではアイテムの売買なんかもできます。宝箱で手に入れたアイテムもこちらに。拾ったはずなのにこの画面で買わないといけないアイテムも多く、宝箱の中には買う権利だけが入ってたのかよと毒づきながらショッピングをしていきます。

ちなみに武器防具を装備できるのは主人公のみ、他のユニットはポーションだけしか使えません。おかげで主人公のみ強さがえげつないことになりますが、単体でしかないし、お金はユニットを雇う時にも使ってなかなか余裕がないから、どれくらいつぎこむかは迷う所ですね。様子をみながらほどほどに強化していこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/03/26 00:59 ] PCゲーム Age of Fear | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/532-b12f57ef