Titan Quest その8

divinity001934.jpg


年末年始もTitan Quest。この作品はSteamクラウド対応で離れた場所でもプレイでき、実家だろうが出先だろうがクエストやり放題で大変便利・・・のはずが、何故かクラウドにデータをアップするのに妙に時間がかかるという弱点があります。ゲームを終えた後にすぐにPCの電源を切ったりすると、データが更新されておらずに場所移動前のプレイ時間が無駄になってしまうので注意しましょう。寝る前に遊んで終わったらすぐ電源を切る癖がついていたせいで、何度かやり直しをする事になってしまいました。手段を選ばず人の心を折りにきてやがるぜと、被害妄想まで出てくるような状態になりながら、何とか頑張って進んでいます。

Act3を突き進んでいると、道中にのぼりが立っているのが見えました。書かれているのは「虎」の一文字。何が虎なんだよと、シュールさに笑いながら進んでいくと、直後にタイガーマンの一団に囲まれてボコボコに。看板に偽り無しとはこの事です。今年が寅年だったら最高のツカミになったんだけどなあ。惜しい。酉はどこかにいないものか。



divinity001935.jpg
万里の長城を往く

バビロンから始まったAct3は進んで進んで中国へ到着。途中ワープも使ったけどよく歩いたもんだ。歩くと言えば『脱出記』というノンフィクションがあって、大戦中にシベリアの捕虜収容所からインドまで歩いて脱出をしたという内容のを読んだのを思い出しました。ノンフィクション好きとしては、なんかちょっと内容が胡散臭い気がするなあと思ったのだけれど、まあ人間どんな長く困難な道でも何とかなるというものです。この作品もどこまで歩く事になるのか知りませんが、少しずつ距離を稼いでいくことにします。



divinity001936.jpg
テュポンの封印が解かれる

そうしてAct3も終盤が近づいてきたという所、洞窟の奥、細い通路から見下ろした広場で、巨大な怪物が鎖に繋がれている光景が目に飛び込んできました。怪物の前にいるテルキンがこのテュポンの封印を解こうとしているのを、そんな事はさせないぞ!と、急いで通路を駆け下りて阻止しようと思ったら、その途中であっさりと封印は解かれ、自由になった彼はポータルでどこかに消えてしまいました。主人公っぽくない展開です。

とりあえず残ったテルキンと戦闘。ここのテルキンはたいした攻撃をしてこず、はっきりいって弱いですね。棒立ちで殴りあうだけで倒せてしまいます。ボスで稼げといわれながらも、道中が遠すぎたり強すぎる相手ばかりでそれほど回数をこなしていなかったのだけど、こいつはかなり繰り返し稼げる相手かもしれません。展開からして次の相手はテュポンになるだろうし、まずはここで徹底的に修行をしていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/03 01:23 ] PCゲーム Titan Quest | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/513-8731b3b5