スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Avadon 3 その17

divinity001907.jpg
クエストで走り回る

Beraza WoodとTawonの神殿、行ける場所が2か所に増えてこれまでにないほどに走り回っています。特にこちらのBeraza Woodの方では、1やそれ以前からの因縁によってPact内2国の民族が深刻な対立をしており、表向きは収まっているという事になっているものの、現地に行ってみると今だに戦闘部隊が自国民を守るためという理由で自発的に陣取っていたりで、その和平の為により一層駆けずり回る事になります。

このサイドクエストでは探索も含めると両者の間を3往復くらいはしたでしょうか。どちらの陣営も相手がいるから引かない、向こうが先に引いたらいいよとか言うから撃破したくなるけど、粘り強く対話をしてみました。どうも今作でマップ自体がかなり広くなっているか、それともここのマップのデザインが曲がりくねっているからか、ずいぶんと歩くのが大変になっているように思います。クリックしてほっとけばいいとは言え、少々歩き疲れましたよ。



divinity001908.jpg
Pactの反逆者Gryfyn

マラソンかというくらいに走り回って、両方の部隊を解散させてすっきり。ただそこで思い出した事が。このクエストに入る前に、Gryfynは用心深く隠れていて、Avadonから来た人間がいるとばれたらあっという間に見つからなくなるだろうから、探索中は決してAvadonの人間だと話すんじゃないぞと言われていたのをすっかり忘れていました。説得中に話しまくってしまったがな。

1時間くらい調べまわって進展なく、これはクリア不可になるものでもう片方のTawonで進めないといけないものかと諦めかけていたら、普通に建物内にいたとある人物に再度話しかけたところで、有力な手掛かりを引き出す事ができました。最初話しかけた時はいきなりAvadonの者だと名乗ってしまっていたようで、それでももう一度話し直してそれを言わなければ大丈夫みたいです。シビアなルールじゃなくてよかった。

追い詰めたGryfyn、身分をごまかしながら話していくと、何やらProtus側の勢力であるHanver's Councilには割と友好的で手を組んでもいいよという素振りを見せてきます。なんだかきな臭いな。彼の立場としては自国民を守るのが第一で、その為にTawonと手を組んだりAvadonに敵対をしたというのがあるから、Pactとはまだ繋がりや修復する気があるのかもしれません。でも1ではその行為で何人もの人が無念の死を遂げているからな。取り入って情報を得るよりも、ここで全てを終わらせようと戦いを挑みます。



divinity001909.jpg
最終ミッション

Gryfynを倒してDhelessへと繋がる会合の情報を得た一行。よっしゃ、乗り込んで潰せばいいのね。と思ったら、今回はRedbeardの作戦により、一人だけで魔法の変装をして潜入することになりました。猛烈に悪い予感がするな。

このミッションに入る前に、これが最後のミッションだから準備や他のクエストとかやっといたほうがいいよ?と断りが入ります。これまでの作品でもあったから、ここからは自由な行動はできずにエンディングまでの戦いが続くのでしょう。セーブを別に残していざ出発。

侵入したところ、変装魔法のおかげで見張りの人間は避けられるのだけど、あたりを巡回しているゴーレム系の無生物はごまかせないようで、思い切り攻撃をされてしまいます。誰だこんなポンコツ魔法を作った奴は。ここで戦闘になる相手は最終ミッションだけにかなり強めで、さらに仲間も呼びよせてくるので、見つかると強いの数体と一人で渡り合う事になってかなりきついです。ブレードマスターだから自動回復モードでなんとでもなるけど、他の職業、特に後衛職だとこれは勝てない可能性も出てくるんじゃないでしょうか。無理そうな場合は素直に巡回の隙をついて躱していきましょう。こういう時は戦闘モードで歩くのがいいですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/11/28 22:48 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/504-0394c448


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。