FC2ブログ








Titan Questをはじめてみる

divinity001892.jpg
アニバーサリーですよ

しばらく前のニュースで周回遅れもいい所ですが、Titan Questが10周年を迎えたそうで、この作品がAnniversary Editionと銘打って通常版と差し替えられての販売になっています。Steam版所持者だと自動でAE版に切り替わるのだけど、私のGamers Gate版はそのまま放置という仕打ちを受けており、なんか悔しくなって買いなおしていたのでした。

Victor Vranも終わったことだし、息抜きポジションに何かいい物がないかなあと思っていた所、これが目に入ってきたので始めてみる事にします。



divinity001893.jpg
最初から日本語

このAE版はただ単に通常版と拡張版が一体になっただけのものではなく、高解像度に対応した他、オプションの種類も充実してアイテムフィルターや倍速モードが追加されるなど、新規の便利機能までついていて10周年記念と謳うだけの事はある作りになっています。日本語もばっちりなのには驚きました。日本のメーカーなら同じ周年記念品だとしても、新しいOSに対応しただけのバージョンを定価で日本語抜きで売るくらいの事は平気でしそう。

などと色々知ったふりをしているけれど、この作品はあんまり詳しくないしやり込んでもないんですよね。以前にプレイした頃は他のMMOに熱中していて、今回と同じようなサブとしてのポジションでやっていたのと、最初になんとなく近接メインのキャラクターを選んだせいで、ただ殴るだけのあまりにも地味な、そして敵の矢にハリネズミにされまくる辛い戦いが続き、割と早い段階で挫折していたのでした。今回はせめてノーマル完走までは頑張ろう。



divinity001894.jpg
スピリットを選択

この作品のビルドは9種類のマスタリーから1つを選び、後からもう1つだけ追加で選ぶというシステムになっていて、この2種類の組み合わせによってプレイがガラリと変わる、奥深く頭を悩ませるシステムになっています。前回の反省を踏まえて、近接系はやめてキャスター系にしよう。9種の内過半数の5つがキャスター系、さらに1つは弓と槍の遠近両用系なので、いきなり近接を選ぶのは中々のハズレ感覚の持ち主と言えます。そういえば家電製品やゲーム機も、私が選ぶ方は廃れる確率が高い気がするな。

魔法の中身もあまりよく分からないので、遠距離攻撃用の杖が強くなるらしいスピリットを選んでみました。アンデッドにも強くなるそうで、前に心を砕かれた原因の一つがそれだった自分としては心強いかぎり。アンデッドは体力吸収が効かないし、一度に出てくる数が多くて弓と魔法がぎっしり密度で乱射されるなど、初心者が近接を選んだ場合に最悪の相手になるのです。自分でもリッチが呼べたりするし、中々面白そうなクラスですね。Avadon3の間を縫ってちょこちょこと進めていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/11/09 23:16 ] PCゲーム Titan Quest | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/499-5e391035