スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

King's Bounty Warriors of the North その5

divinity001780.jpg
デカキャラとの対決

情報を得ながらこの地域一帯のアンデッド侵攻の原因探っていた所、その道中でどでかい蜘蛛と戦う事になりました。ヒーロー戦とはまた別のボス戦です。昔はカメとかいたよね。

こういったボスは通常ユニットとは違った特殊能力を持っており、これまでの戦いとは勝手が違ってくるのでその辺を見極めるまでは注意して戦っていきましょう。まずは反撃回数に制限が無いのと、飛び道具に対しても反撃をしてくるのが問題になります。損害は避けようがないってことだから、どちらかというと近接ユニットで攻撃していったほうがいいですね。ストーンスキンやバーサクをかけて削り合いを挑みます。なおこのデカボス戦ではヒーローやヴァルキリーのスキルを使用することができません。ユニットと魔法を駆使していきます。

さらに相手は、定期的に小蜘蛛ユニットを数体呼び出してきます。スタック数は大したことないからそれほど損害はでないしすぐに倒せるけれど、放置してあまりに増やし過ぎるとどんどん不利になっていくので、呼び出されたら素早く叩いていきましょう。ボス蜘蛛を攻撃するのを2ユニット程度にして、他はみんなで子蜘蛛退治をしていくのがいいんじゃないでしょうか。



divinity001781.jpg
大苦戦

蜘蛛を下してさらに進み、闇に堕ちたヴァイキングのメイジであるRunormと激突。なんとか勝利をもぎ取りましたがこちらもほとんど壊滅状態の損害を出して大苦戦となりました。

敵ヒーローはこちらがそうであるように、ヒーローの攻防の数値が各ユニットにそのまま乗ってくるのですが、こいつはその数値がこれまで戦ってきた相手とは比べものにならないくらいに高くて、攻防の両方でこちらに不利に働いてきます。普通の雑魚戦の感覚で行くと、同じユニットを相手にしているのに与えられるダメージは非常に低く、逆に受けるダメージはより高くなっているのに驚くでしょう。おまけに編成種類まで多いとスキがありません。こちらが5種類なのに8種類は卑怯でしょ・・・

そんな能力の相手で、飛び道具ユニットは近づかれるまでに相手を倒すという基本戦法にはめるのが難しく、どうやっても接近戦になってしまいがちで活躍しにくいです。今回は2ユニットも入れていたのもあって、近づかれた後はいいようにボコボコにされてしまいました。逆に普段遅くて前線に出るのもできないパラディン君が、その攻防の高さで大活躍してくれましたけどね。とにかく強く、乱戦になる相手なので、勝てない人はいっそのこと接近戦ユニットだけの編成で挑んだ方が楽かもしれませんね。



divinity001782.jpg
懐かしの風景

Runormを倒した一行は、彼が使っていたポータルに呑み込まれてしまい、気が付くと見知らぬ西洋風の城の前にいました。初代、姫の舞台となったDarion王国の城ですね。

ここでステータス画面に注目、Runormとの戦いを終えると、自分が連れていたユニットは全て消滅となります。これはほんとうにキツイ、強制イベントで避けようもないえぐいトラップです。予備兵を大量に連れていた場合や、在庫がもうないようなユニットを連れていた場合は、後でサクリファイス法をする可能性も出てくるし、対決前にどこかに預けておいた方がいいかと思います。逆に言えばこれがあるから、Runorm戦ではあらゆるユニットを使い潰すつもりで突撃させてしまって大丈夫です。



divinity001783.jpg
謎の男と

城を訪問してみると前作で王国を救い、王女の座についたAmeriの姿はなく、Guilfordという怪しげな男がおります。ヴァイキングのこちらを最初から見下してくる、高慢で嫌な相手ですが、なんと彼はAmeriと結婚したその夫だというのです。姫、見る目なさすぎ!

ここDarion王国でもアンデッドの襲撃や他にもさまざまな問題が起こっているようで、そのためにAmeri本人はドワーフの国に行って不在。仕方がないのでこの胡散臭い男の指示に従って、彼が言う問題を解決するのに必要なアイテムを探す事になりました。人間タイプのユニットで緊急の編成を組んで、なんとかやっていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/465-5fabd794


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。