スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

King's Bounty Warriors of the North その4

divinity001777.jpg
強敵との出会い

毎日ちびちび進めています。前も言った通り今作での敵の主力はアンデッドで、ゾンビやスケルトンなどしょっちゅう出会う相手はステータス的にもそれほど強くなく、慣れもあって余裕で刈り取っての快進撃ができるのですが、ここでぼちぼちと強敵も出るようになりました。

画像のブラックナイトはパラディンのアンデッド版といった性能のユニット。攻撃、防御、HPの全てが高めで、攻撃される度に防御力が増していく特殊能力までもっており、まともに殴り合うと大損害を受け、かといって弓兵でも近づかれるまでに削りきるのが難しいという強敵です。こういう相手にはステータスを調べて、突破口を探していくことにします。

まず移動力であるスピードが2と低いのが弱点ですね。ここでスロウの魔法をかけてやれば、レベル1でかけたとしてもスピードが1になり、1歩進むかその場で攻撃する事しかできなくなります。また攻撃防御の値は、炎上や凍結などのステータス異常になるとペナルティを受けて下がっていくので、そういった魔法やスキルも有効です。とにかくアンデッドとの戦いが多いから、新顔の能力と対処法はきっちり抑えておきましょう。



divinity001778.jpg
続いてオーク島へ

新しい島を渡り歩いていきます。しかしここも敵が強すぎてほとんど戦えないレベルだな。それでも新たなアイテムやユニットが手に入るし、フィールドに落ちている物も拾っていけるから、戦わずともかなりの強化が期待できますけどね。オーク勢はアドレナリンの溜まり具合によって性能に差が出てくるため少し癖が強いですが、こちらの戦士系スキルで最初から溜まった状態で戦えるようにもできるので、取得スキルによっては部隊に加えて大活躍が期待できます。

あとこういった大規模な城では、手に入れた魔法のスクロールを売却することができます。この画面でスペルブックを開くと捨てるかわりに売却の選択肢が選べますから、必要ないものはお金に換えてしまいましょう。これも説明なしで中々分かり難いポイントです。



divinity001779.jpg
ヤール成長中

スタート直後からお世話になって、ずっと連れ歩いてたヤールがレベル8になりました。ここで攻撃防御だけでなくスピードが+1されるという大ボーナスが! 上のブラックナイトでもそうでしたがこの作品では普通の歩行ユニットの場合、遅いユニットで2、普通ので3、速いので4程度と、1違うだけで使い勝手も格も一気に変わるようになっているのです。

攻撃防御程度なら育てたら気持ち強くなるかなというくらいですが、高レベルでこれほどのボーナスが付くとユニット評価がまるっと変わってきますね。この新システムは面白い。パラディンも移動力ボーナスが付きそうだし、レベルアップが楽しみになってきました。
関連記事
スポンサーサイト

プレイしていて私もスピード+1には驚きました。
ヤールやパラディンは近接攻撃を行う前でもスキルを使うだけで経験値が溜まっていくのが強いですよね。
編成を変えにくくなるのが難点ですが,成長することで愛着が湧きますし,私も良いシステムだと思います。
[ 2016/07/15 21:59 ] [ 編集 ]

再行動スキルを使っているだけでどんどん上がりますね。
今回のヤールとパラディンはほんとに強いです。
スピード1は大きいですからねー
[ 2016/07/17 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/464-c0684a36


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。