スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Legends of Eisenwald その14 (完)

divinity001726.jpg
安定の大部隊

前回から一つ落とせた拠点を軸に、じわじわ勢力を広げていました。どのマップもそうですが、一つ二つ城を落としていくごとに連れて歩ける部隊数も増えていき、加速度的に強くなっていくので大変に楽しいです。ここでも最大の12人編成を組めるようになってもはや向かうところ敵なし、イベント関係で加わった人が微妙に弱くて困るけど、まあ後ろに置いとけばいいか。

序盤ではその攻撃力で、敵陣を切り裂く切り込み隊長として活躍してくれたDuelist系のユニットは、終盤で重装系ユニットが大量に出てくるようになるとキツイですね。攻撃力は高くても重装兵を瞬殺できるほどの能力はなく、削りあいになりがちで守りの弱さが目立つようになります。

逆に存在感が増して主戦力の地位になったのが騎馬系ユニット。序盤では要となる攻城戦で使えないほか、沼や森といったよくある地形でも使えなくてあんま意味ないじゃんとスルーしていたのが、城以外の全ての地形で馬に乗れるようになるMaster Horsemanのスキルが付いた装備や、上位騎馬装備のとんでもないステータス修正値の高さによって化けてくれました。ほとんどの騎馬系ユニットは、一撃で敵を倒した場合にもう一度連続で行動できるスキルを持っているので、これが2,3体も入ればあっという間に敵陣に穴を開けて蹂躙することができるようになります。



divinity001727.jpg
騎馬が並ぶ最終決戦

物語は魔術やら伝説やらが混じって、神的な力を持つMilvinusとの対決となりました。圧倒的なステータスとスキルで、後衛からネクロマンサー系のえぐい魔法をガンガン撃ち込んできます。聞いた話によると彼は通常の攻撃では傷つけることはできず、ただ慈悲の心によってのみ勝ち目があるそうです。

何のこっちゃと思いながら相手の強力な上位騎馬軍団と激突し、何とかそれを下して本人と戦ってみると、確かに攻撃が何一つ通りません。何度か試している途中、前衛との戦いの中で回復をしようとした時、敵にも回復魔法をかける事ができるのに気が付きました。これか。



divinity001728.jpg
試行錯誤しつつ

勝つ方法は見えたものの、ここからが大変。普通に戦っても結構苦労するような騎馬部隊を相手にして、向こうに回復をかけてあげながら戦わなければいけません。騎馬の攻撃力に何ターンもさらされるようなマネをしていたら命がいくつあっても足りないので、ここはまた魔女を用意しておくべきでしょう。またヒールが攻撃手段になるのでヒーラーの数も必要です。育ててなかった人は地獄の育成を頑張ってください。ヒーラーはそこそこ上位のを直接雇えるけど、魔女は育てないとだめそうです。

これで行けるだろうという編成を組んだ後も、リジェネ持ちのMilvinusを倒しきる前にこちらの前衛を抜かれたり、もう少しというところでいきなり全回復をされてぶち切れそうになったりと苦戦を繰り返しました。正直、こういうギミック戦は好きじゃないんですよね。殴り合いで決めようや。Milvinusを倒した後、こちらのヒールでピンピンしている敵前衛も倒さなければ勝利にはなりません。高クラスのポーションなどを忍ばせておいて、最後の力を振り絞っていきましょう。

倒すと次のマップへ・・・と表示が出てあせりますが、最後はそのままエンディングへと続くイベントになっています。



クリア。見た目からイメージできる通りのストラテジーとRPGの融合作で、その配合の具合が独特になっていて戸惑いつつも楽しむことができました。レベルを上げて育てられ、装備も色々選べるけれど、引き継げるのは基本的に主人公だけのマップ制なので、仲間をずっと連れ歩ける一般的なSRPGとは違った感じになっています。ストラテジーのキャンペーンでRPGをやっている感じでしょうか。King's BountyやHoMMとはまた違った地平を開拓しようという意気込みが感じられます。

独特のルールの戦闘も、慣れてくるとどう動かせば狙ったところにユニットを放り込めるか分かるようになってきて、作戦がはまると実に爽快な気分になって楽しむ事ができます。難易度上げると、装備によるイニシアチブ調整なんかも必須になってきて、物凄く考えさせる戦いになりそう

ただインディーズだけに荒い所や惜しい所もけっこうありましたね。なまじフィールドのグラフィックをよくしたおかげで、動ける範囲が分かり難くなって移動で困る事が多かったのと、クエストの誘導やフラグに推理というレベルじゃない投げっぱなしな物が時々含まれているのには参りました。

後は編成の変えやすさとユニットの成長のバランスですかね。特定の編成じゃないと勝てないような相手に出くわした時に、必要なユニットを必要なレベルまで育てるのは正直くじけそうになりました。先に知っていれば十分対応できるのですけどね。城を手に入れたら色々な種類のユニットを詰め込んでおきましょう。

個人的にはKing's Bountyシリーズの方が好みかなという所ではありますが、調整次第でいろいろ化けそうな感じがします。値段もお手頃だし、インディーズの荒さを許容できて、新しさを味わってみたい人にはいいんじゃないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/14 11:28 ] PCゲーム Legends of Eisenwald | TB(0) | CM(2)

Legends of Eisenwald の記事,楽しく読ませていただきました。
稼ぎを強いられる点はちょっと厳しいですが,それ以外は概ね好印象でした。
私もそうですが,この世界観が好きな方はかなり楽しめそうだなと感じました。
[ 2016/05/15 14:31 ] [ 編集 ]

どもです。そうですね、世界観やシステムはかなりいい感じでしたが、稼ぎが問題ですね。
パッチで雑魚が湧く速度を上げるだけでも、楽しさが一気にあがりそうに思えます。
[ 2016/05/16 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/448-9278c75b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。