スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Geneforge 2 その8

divinity001664.jpg
上位クリーチャーを入手

Barzitesの本拠地であるRisingへ向かって進む途中、Zakary一派ことLoyalistsのキャンプを発見しました。彼らはここでBarzitesを監視しているみたいですね。他の施設で出会った人は、正式に加入しないと何も教えないよという態度でしたが、ここで出会ったKimaさんはどこにも加入していない身にもスキルを教えてくれました。上位スキルがなかなか手に入らなかったのでこれは嬉しいです。

ここではGlaahkがいい感じですね。このクリーチャーは遠距離タイプばかりがいるMagic系でありながら近接パワータイプで、Magicに極振りしている人でも高レベルで使える頑丈な前衛になります。命中率も非常に高くて、上位の敵に攻撃が当たりにくくなってくる中盤以降ではかなり頼りになります。値段は高いけど押さえておこうかな。



divinity001665.jpg
やってきましたRising

そしてRisingに到着。道中でも聞いていた通り、中にはCanisterを使って即席で力を身に着けたShaperやらがわんさかいて、凄まじい勢いで戦力を増強しているのが見て取れます。Canisterを作っている研究所もあって、職人に話を聞いてみるとそんなに素早い大量生産はできないそうですが、それでも長い修行をしてShaperになるのとは比べものにならないでしょうしね。これは危険です。



divinity001667.jpg
ボスとの会見

最も大きい建物の広間には一団のボス、Barzahlがおりました。彼は自分とZakaryがSusia Islandで手に入れた秘密、生物の構成要素を分析しそれを自在に作り変える技の素晴らしさを語り、それによって際限なく強化できる力に酔いしれている様子。より力を求め続ける彼を危険視して離れていったZakaryやAwakenedを愚か者と切り捨て、自分達が唯一の存在となろうとしている事を語り、こちらもどうだと勧誘してくれました。野望のスケールの大きさは認めるが・・・

さらに師匠であるShantiについて知っている事を聞くと、彼の隣にいる側近、Stanisの仕業だとあっさりと教えてくれました。BarzahlにはShantiを最初から殺す気はなく、Risingに連行してこちらのように仲間に引きこもうとしていたそうですが、連行を担当していたStanisが、途中で逃げ出した彼女に対して殺さないように捕まえるなどの臨機応変を考えずに、殺して止めたというのが真相のようです。

Stanisと話してみると、悪びれる様子も無く、文句があるならデュエルするか?と不敵に答えてきました。Barzahlの方もそれを止めるでもなく、やるならやるでご自由にという態度です。Canisterの影響か、こいつらどこか壊れてるな。Barzahlをどうするかは後で考えるとして、まずは直接の仇であるStanisの方だな。お望み通りデュエルを挑んでやることにします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/03 22:35 ] PCゲーム Geneforge 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/428-f3d140ea


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。