Epic Battle Fantasy 4 その2

戦闘を繰り返しながらじわじわと進んでいるEpic Battle Fantasy 4。敵がしぶとめで1戦闘に時間がかかるのですが、その分回数は少なめになっているからちょうどいいかな。



divinity001614.jpg
スキル画面

スキルは戦闘で手に入れたポイントを使って開放していく方式。レベルを上げていくと必要ポイントがすさまじい上がり方になって驚きますが、進むと貰えるポイントも同じように増えていくので、時期がくれば問題なくスキルを増やすことができます。経験値も同じような形になっていて、必要値と入手値で実質のロックをかけているような感じです。

スキルは個人用のスキルとスペシャルスキルの二種類があり、スペシャルの方は仲間のうち何人かが覚えることができるのを、一人を選んで習得させるという仕組み。誰に何を覚えさせるか考えましょう。リセットもできるようだからあまり真剣に悩む必要はないかな。メインスキルではカバーできない属性や範囲攻撃なんかを覚えさせてやるといい仕事をするようになります。




divinity001615.jpg
氷のエリア

フィールドにはパズル的な仕掛けも多めに用意されています。これは氷のブロックを印のところまで持っていくもの。ゲーム自体もそうですが、いい意味でひと昔前のJRPGしてます。難易度もそれらと同じくらいのほどよさなので、頭の体操と思って気楽にやりましょう。

そういえば前作ではアクション的なミニゲームがあって、あれだけは地獄を見るような難易度でした。今回は無いことを祈ります。



divinity001616.jpg
ボス戦!

仲間も全員揃って、エリアの最後に待ち受けるボスと戦っていきます。きちっと調べて弱点を突いていきましょう。こいつは炎と毒に弱いわけですな。装備する武器防具も属性や特殊能力がてんこ盛りになっているから、それらを工夫していくとより有利に戦っていくことができます。あんまりこういうのが行き過ぎになると、決まった手順や装備じゃないと勝てないみたいなバランスになるから好きじゃないけど、そこまでは行ってないから楽しんでいます。

仲間は最終的に4人になり、そのうち一人が控えに回って3人での戦闘になります。ただ装備のアップグレードの手間があるし、スペシャルスキルを控えに覚えさせておくのももったいないから、早いうちに主力メンバーを決めておいた方がよさそう。銃使いのLanceはAnnaと役割が被っている部分が多いので、今回のプレイでは彼を引っ込めておくことにします。恨むならシステムを恨んでくれい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/07 21:52 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/412-c2e573c3