スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pillars of Eternity その17 (完)

前回の続き、一行は告解の法廷から穴に飛び込み一気に落下していきます。神の加護と運もあったのか無事に地面に降り立つと、案の定戻る道はなさそうな感じ。とにかく前に進むことに。



divinity001576.jpg
イオヴィラの語る真実

ヴィジョンにたびたび登場していたイオヴィラ、彼女が最後に殺されたのがまさに今飛び込んだ場所であり、彼女の魂もここに捕らわれています。ここに来た方法を聞かれて答えると、彼女は神の加護など得るべきではなかったと言います。なんで?

その理由を聞きつつ、続いてこれまでのヴィジョンでは明らかになっていなかった、トアースに異端とされて殺される原因となった彼女の教えについても聞くと、イオヴィラはトアースとその一族が隠し続けていた驚くべき真実を語り始めました。詳しくは実際にプレイして読むとして、神々は本当の神ではないと言うのです。



divinity001577.jpg
集められた魂

イオヴィラの話に衝撃を受けながらも、一行は先へと進んでいきます。仲間達も性格は特色豊かながら、ほとんどがそれぞれの信じる神と深い関わりを持っていて、彼女の話に対する受け入れ方や意見は様々。トアースとの戦いの前に、自分の考えも固めて起きましょう。

やがて一行の前に巨大な遺跡が見えました。中にうごめく力を見るに、これが黒き鍵によって集められた、輪廻から外された魂のようです。遺跡の前にある装置で操れる様子ですが、そうする前にトアースが現れました。



divinity001578.jpg
トアースとの会話

この地に現れた一行に驚くトアース。レディー・ウェップのおかげだと答えてやります。さらにイオヴィラの事と彼女から知らされた真実を話し、彼との論戦に入ります。入らずに戦ってもいいのだけど、彼は彼なりに自分のやり方が最善であると考えているので、こちらも自分の考えを思う様語りたいのです。レディー・ウェップ、イオヴィラ、仲間達のためにもね。崩れそうな事ならそのまま崩れてしまえばいいんだよ。



divinity001579.jpg
最終決戦

会話ではどうあっても埋まる事の無い意見の相違、最後は戦いによって決着を着けることになりました。トアースが構えるのと同時に、広場にあったウーディカの力を持った石像が動き出します。トアースを6人で囲めれば楽そうだったけど、やはりそうはいかないか。

画像を見ての通り、こちらはトアースと石像に挟まれた形でのスタートになります。一見不利なようですが、強力なメイジであるトアースへ前衛に阻まれずに接近できるので、挟まれずに真正面からやりあうよりは楽に思えます。石像は足止めができればいいやと、守りに定評のあるパラディンのパレンジーナに一体を止めてもらい、もう一体を召喚軍団とイトゥマークで強引に足止め。トアースへは変身ハイラヴィアスと主人公ローグで挟む形の最大火力モードで一気に勝負を決めにいきます。後衛はトアースの魔法に巻き込まれるないように位置取りを注意し、攻撃や回復の援護を頑張りましょう。



divinity001580.jpg
そして魂を解放

激戦の末トアースを倒し、残されたのは彼の魂と集められた魂達。それぞれをどうすべきかは全て主人公の判断に委ねられています。仲間達の見守る中、自分の考えでもって決断しましょう。私はハイレア神との契約のまま、ホロウボーンの子に魂を返す事にしました。神についての真実を知った今、契約なんぞどうでもいいやとは思ったものの、やる事自体はそれが最善と思ったからこそ彼女の加護を得たわけですしね。

遺跡を操作し、全ての魂を開放すると、各地でホロウボーンの子供に魂と意識が戻る奇跡が起こりました。既に戻るべき体がなくなっている魂は戻れず、人々は神に感謝をしてよりいっそう信仰を深めるなど神と宗教を取り巻く状態はそのままなので、完全に理想的な終わりとまではいきませんが、まずはこれでよしとしましょう。理想を求めすぎてもいけないのさと思いながら、冒険の旅を終えることにします。



クリア。近年ではオールドスクール系RPGに再び光を当てた傑作が多く出ており、Divinity Original SinやWasteland2などをプレイした時の感想にBaldur's Gateを引き合いに出しましたが、BGの進化系という意味ではこれが最も完全に近い形と言っていいのではないでしょうか。派手な撃ち合い感は2に近い感じですかね。熱烈なファンの人だとBGとの違いで譲れない所もあるかもしれませんけど、私はもうBG3をプレイしているような感覚で楽しめました。

またストーリーや仲間との会話にもずいぶんと力が入っているのもポイントが高いですね。驚くほどの文章量がある作品ですが、ファックマン氏のお陰で全てを日本語で楽しめるので、そのどちらも十分に堪能できました。仲間達と長い間旅をして会話をして、最後の方の展開と会話では一緒に旅をしてきてよかったとぐっときましたね。BG2の最終決戦前のような気分です。

上に挙げた2作品と合わせてオススメできる、近年最高クラスの傑作です。ただその2作品でも少し語ったように、あくまでオールドスクール系なので自分の好みであるかはきちんと確認しておきましょう。「指示して勝手にわーっと殴っているだけでよくわからん」などという感想を見かけたりすると、おいおいという気分になります。

DLCはホワイトマーチというシナリオのパート1が出ており、そちらの方もファックマン氏が既に日本語化を完了しているそうです ※訂正、現在進行中だそうです。本編が非常に楽しかったのでそちらにも手を出してみたいけど、引越しやなんやに年末が重なってドタバタしているので、また落ち着いてからですね。時間が欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/07 00:07 ] PCゲーム Pillars of Eternity | TB(0) | CM(2)

ファッ●さん

うおおおおお疲れ様でした
毎回楽しみにしてました
でもパート1はまだ終わってないっす UI周りのみっす

DLCはあんまストーリー凝っておらず
戦闘メインすね
でも世界観的には楽しめるす

それじゃまた
[ 2015/12/07 09:17 ] [ 編集 ]

おっと、そうでしたか。記事を訂正しました。

最後まで実に楽しんで遊べました。日本語化お疲れ様でしたー
[ 2015/12/07 20:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/401-a0a5fc99


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。