スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SoulCraft

読書の秋だし、本を読んで過ごす時間が増えています。中公文庫の『世界の歴史』全16巻が安値で売られているのを保護して読み始めたら、なんだか止まらなくなってしまいました。当然ストーリーなどは無い本ですが、淡々とした中で世界の大きな流れを読んでいくのはそれはそれで楽しいものです。そのうちSEKAI NO REKISHIにはまってます!サイコーです!泣けます!とか語りだす予定。



divinity001477.jpg
鰤っぽい

そんな読書やGeneforgeもやりつつ、軽い物をということで持っていたSoulCraftなるタイトルをぽちぽちと遊んでいます。Warcraftに似たタイトルとキャラクターで繰り広げる、簡易化されたハクスラといった感じでしょうか。元はスマホタブゲーのようですね。



divinity001476.jpg
戦闘はハクスラ

画面からステージを選ぶと、即その場に飛んで戦闘が始まり、敵襲数ウェーブの撃退、オブジェクトの破壊などの目的を達するとクリアになります。町とか移動時間を全て取り除いて、ほんの数ウェーブ、5分ほどで1ゲームが終わる設計になっており、最初ちょっとどうなのと思いましたがこれがなかなか遊べます。とにかくざくざく切りまくる事だけに集中できるため爽快に遊べて、一戦が短い分もう一戦もう一戦と後を引いてしまいます。カメラが近いのはちょっと気になるかな。

スキルは移動用、攻撃用など3種類のスロットにそれぞれいくつかあるスキルをセットし、通常攻撃も連続攻撃のパターンを何種類かの中からひとつ決めて、通常攻撃+スキル3つを駆使して戦っていくという、限界一歩前まで簡略化された設計になっています。通常攻撃は押しっぱなしで連続攻撃を出せますが、最後でタイミングよくボタンを離すとコンボが繋がっていくので、通常攻撃だけでも楽しく遊べますね。



divinity001475.jpg
レアきた!

アイテム関係も非常に簡略化されており、戦闘中は通貨系のものしか出ません。ではどうやっていい装備を入手するかというと、戦闘後にショップ画面で一度だけ選んだ部位の販売リストをリロールすることができるので、戦闘→リロールを繰り返していい装備を引き当てろというシステムになっているようです。普通のハクスラで言うと、1戦闘ごとに希望する部位の装備が落ちると考えればいいのかな。実もフタもないですが、まあハクスラでもショップ→ログアウトで装備を探した経験がある人なら受け入れられるでしょう。

通貨は金色のゴールドと緑色のソウルがありますが、ゴールドの方はスマホタブでの課金通貨という扱いなのでしょうか、非常に手に入りにくいので節約しなければいけません。PC版にはその辺の変更をあまり考えずに移植したのか、課金はできないのでゴールドを入手できない上、デイリークエストもゲームを起動していない時は時間のカウントが進まない為、起動しっぱなしで置いておくなどしない限りは、毎日デイリークエストをやってゴールドを稼ぐのは不可能になっています。ただPC版はデフォルトでプレミアムアカウント扱いになっているのか、手に入るソウルにボーナスがあるようでこちらには全く不自由しません。

ですから買い物もソウルで買える物だけを買っていくのがいいですね。画面だと二つある金色のレアアイテムの右側はゴールドでしか買えませんが、左側はソウルでも買えるので、こちらが引けたら嬉しい真のレアアイテムという扱いです。この時も早速買っておきました。



divinity001478.jpg
ボスもあり

ボス戦はボスさえ倒せばおしまいになるので、早ければ1分程度で勝負がつき、繰り返しプレイするのにもってこい。ハクスラのボスはランの餌食という定説はここでも生きていました。登場に入るカットシーンが少々うっとうしいものの、少し時間が空いたときにボスを5回くらい倒してーなどとちびちび遊んでいる間に、レベルがかなり上がってきてしまいました。メインでがっつりハマるタイトルとまではいきませんが、定期的に訪れる軽い物がやりたい欲求を楽しく満たせる、カジュアルながらなかなかの一本です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/11 22:02 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/377-e8b0c1d0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。