スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛行機日記 その13

Book of Unwritten Tales 2 は苦戦中なので、Warthunderにも逃避しています。World of Warshipsも正式サービスが近いそうであちらも気になりますね。



divinity001421.jpg
鬼モデル発進!

前回のアップデートで加わった機体を育てようと、日本をまたぼちぼちと。日本にはこのキ-44鍾馗が加わりました。日本は使っている人の達人率が高いのか、相手にするとかなり苦労する事が多いのだけど、自分で飛ばしてみるとやはり機銃の弾速があまりに遅すぎて全然落せません。動きも同BRの飛燕に比べると使い勝手的にちょっと難がありますねえ。

実装当初から話題になっていましたが、この機体はコクピット視点にすると「鬼モデルちょっ中島」という文字が貼り付けられています。資料の翻訳と変換の過程で何かがあったのでしょうが、インパクトがありすぎて不思議と使ってみたくなる機体になっています。出ては落とされるばっかなんだけどね。



divinity001422.jpg
続いてガルウイングの流星

ではなく鹵獲F4Uです。前回言った通り課金はしたものの、親切なゲーム設計のお陰で上ランクにでもいかない限りはそれほど課金要素を使う必要もなく、考えた結果F4Uをゲットすることにしました。アメリカをプレイ時に存分に乗り回して慣れている機体なので、早くも主力級の活躍をしてくれています。

何がいいかって一発食らったくらいじゃ炎上爆発しないのがいいね。あとブローニングの素直な弾道も実に強力。それでも日本機銃の射撃と回避の技を磨かない事には日本での活躍は望めないし、鍾馗や飛燕も繰り出しつつ練習していこうと思います。蒼の英雄は遠い。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/05 21:49 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/363-34a2c16a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。