FC2ブログ








The Book of Unwritten Tales 2 その2

The Book of Unwritten Tales 2をプレイ中で、これは前作と同じくよくできていて楽しんでおります。ただ文章も前作と同じで、字幕はあるものの自動送りのみになっていますから、脳の消耗がなかなか激しいです。糖分を補給していこう。



divinity001408.jpg
Ivoさんパパ

Ivoさんの両親は初登場、母親である王女の方は厳格で隙がない人ですが、父親はこの姿で木にもたれて眠りこける毎日を送っている模様。植物系男子です。今は脱出計画を練っているところなのですが、彼の方は母親と違って助けになってくれそうですね。なんとか頼んでいきましょう。



divinity001407.jpg
いざSeastoneの町へ!

お金を探したりそのお金を届けたりして、脱出手段であるヒポグリフを入手するとこに成功しました。ヒポがどうもヒポポタマスのヒポであったようで、イメージとずいぶん違う乗り物が出てきたのですが・・・大丈夫かいな。

彼女は何故か体調が悪く、妊娠ではないかとされているのですが、本人には覚えがなく真相も判明しないままです。伏線ってやつですかね? また後ほど明らかになってくるのでしょう。



divinity001409.jpg
キャラクターはWilburへ

ノームのWilbur、彼もまた前作の主人公の一人です。どうやら魔術師学校の先生になれたみたいですが、実際の能力はまだまだ未熟なのと、師匠が離れた所に居て助けもないという事で四苦八苦しているようです。結構真面目に前作の続きとして作っていますねえ。彼は前作での魔術師試験の時に、ウサギに偶然の魔法でヒツジ化させた妙な生き物を作っているのですが、そのヒツジウサギもしっかりと同居人になっています。しかもしつけできてない模様。

師匠とは水晶球を使って連絡が取れたのですが、彼は前作からのMMO廃人であって、そちらにどっぷりハマる予定なので助けにはなってくれなさそう。彼曰く、魔法やモンスター、ダンジョンなんていう日常の世界から離れて、引越し業者として働いて、渋滞に巻き込まれたりビジネスホテルに泊まったりというファンタジー世界での大冒険を楽しむつもりだそうです。

・・・何が楽しいんだろう。と思いましたが、案外立場が逆になってみるとそういうものなのかもしれないですね。現代人はMMOで、採掘や鍛冶のスキルを一生懸命に上げたりしてますし。いいテキストだ。
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/358-d861b0a3