飛行機日記 その8

引き続きアメリカをメインに使ってプラプラ飛んでいます。他の国は気分転換用に使って、時間で修理がされるまで寝かせておくというエコプレイで有効な資金源に。上のランクには進んでいないからそんなにお金に困ってるわけじゃないけど、一応稼いでおきます。



divinity001298.jpg
おお、夜戦だ

アップデートで加わっているのか、たまに普段は見かけない面があたってびっくりします。ここは夜間の艦隊攻撃面ですね。サーチライトが雰囲気抜群です。が、空戦は遠目が効かなくなるので大変やりにくいです。こういう時は格闘戦ができる機体のほうがいいなあ。P-38に乗ってきてしまったよ。

P-38ライトニングは見た目の癖とは裏腹に攻撃力と機動力が揃っていてなかなかの強機体。アメリカだからやっぱり一撃離脱寄りですが、ぐいぐい上昇できるのと機首の20mm1門、12.7mm4門という配置が強烈。ただ双発機で図体が大きいのと、巨大な燃料タンクに弾を当てられるとあっという間に火達磨になるという脆さを併せ持っており、攻撃される側になると日本機かという勢いでやられてしまいます。嫌でもポジション取りの重要さが身につくので、修行代わりに愛用中。



divinity001299.jpg
安定したかな?

F4UコルセアがABでもポンポンとスピンモードに入るバグですが、どうやらアップデートで修正されたようですね。多少怪しい動きは見せますが、制御不能にはならない感じです。これは嬉しい。

P-51はまだ3.0のままだけど、BR上げは近いうちに確実に来るだろうと考えて、今のうちにF4Uシリーズの慣熟訓練をすることにしました。20mm4門持ちのC型以外は、他の国に比べるといまひとつ特徴が少ないアメリカの中で、さらに特徴が少ないという地味な機体ですが、基本性能は十分なレベルでまとまっていると思います。ブローニングM2とともに過ごしている時間が長いこともあって、自分にとってはこれが一番当てやすいですしね。火力も少なくとも低すぎるという事はないです。気長にいってみよう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/29 23:42 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/324-1ac1253d