Rollers of the Realm

バンドルに入っていたRollers of the Realmをやっていました。バンドルサイトもずいぶんと増えてきて、今は毎日のようにどこかで大安売りをやっていますね。いろいろ問題も出ていますが、よく知らないタイトルに突撃してみるという事が気楽にできるのはいいですね。

なお、バンドル情報はPC洋ゲー色々さんが詳しいので、いつもお世話になっております。



divinity001289.jpg
ピンボール+RPG

なにやらかっこいいタイトル画面。素性を調べてないのでよくわからないのですが、起動時にアトラスのロゴが出てきているのと、おま国でストアからの単品では買うことが出来ないようなので、家庭用から来たタイトルのようです。



divinity001292.jpg
戦闘、というかピンボール

かつてファミコンでピンボールクエストというものがあったらしいですが、それと同じ感じでしょうか。フィールド=台、プレイヤー=玉として、フリッパーで玉を操って、通路を転がって先に進んだり、敵を倒したりして冒険していくという作りになっています。

ピンボールらしく目的のポイント以外にも、玉に反応するオブジェクトがあちこちにあって、それらに玉を当てるとお金や魔力が手に入ります。お金は装備を買ってキャラクターのパワーアップに使います。魔力は消費して特殊能力を発動させるほか、アウトになったキャラクターを復活させたり、レベルアップ用の経験値も兼用していたりとかなりの重要ステータス。これのやりくりがキモになります。



divinity001290.jpg
仲間も特色豊か

仲間にはそれぞれ攻撃力や制御のしやすさなどの基本ステータスから、パッシブ+アクティブスキルまで各自が違った能力を持っており、これを使いこなしていかねばなりません。

ただ敵の攻撃を食らうとフリッパーが段々傷ついて短くなり、半ば強制的にやられることになってしまうので、ヒール能力をもったキャラクターが使いやすいですね。またヒール=魔法使いというイメージがあるからか、ヒール持ちは魔力供給でも有利になっている事が多いです。

キャラクターチェンジはスタート時以外にも、フリッパーでボールを留めている間ならいつでもできますから、それほど出すキャラクターを考える必要はないですけどね。必要になったときに切り替えるという形で、力を合わせて攻略していくことになります。



divinity001293.jpg
多重構造の面もあり

普通のピンボールゲームだと、素人がやると何が起こっているのかもよくわからず、いきなりマルチボールが始まってあわあわして全部の玉を落としてしまったり、台を揺らす技が無くてフリッパーの間をストレートに落したりと何かと敷居が高いものですが、こちらはRPGという事でルールもシンプルになっており、玉自体を直接左右に制御できるという仕様でライトユーザーでも安心して遊べます。稼ぎでレベルを上げることも自由にできますしね。

ただ融合した事でのマイナス面も出ており、RPG的な特定のギミックを利用しないと倒せない敵やクリアできない面の存在と、ピンボール的な目的としている所に確実にボールを飛ばす事ができないランダム要素が合わさって、一部の面ではかなりイライラする事になりました。

このマイナス面は最終面で頂点に達し、最後だけ難易度が大変な事になっています。私は何度かのチャレンジの後、キーボードクラッシャーになる前に断念する事にしたので、最後だけクリアしていません。これからやる人は最後だけは覚悟しておきましょう。ピンボールゲーム好きの人なら楽勝そうですけどね。全体としては面白かったので、ゲームの見た目で興味を持った人は手を出しても損はしないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/25 23:14 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/322-8c59165e