Holy Avatar vs Maidens of the Dead その4 (完)

世間はGWですがいつも通り働いていたので、いつも通りHoly Avatar vs Maidens of the Deadを進めていくことにします。たまには旅にでも出たいねえ。



divinity001254.jpg
吊り橋の前で

Sir Deathを倒した後、Witchの率いるゾンビの大群に追われる事になり、これは多勢に無勢だと一行は撤退する事になります。修理中だった吊り橋が完成していたのでそれを渡って安全地帯に非難することに成功。しかしCandyが足をくじいて一行から遅れを取ってしまいました。

ゾンビは動きが遅いから安心して橋を渡れと、Candyが橋の手前まできたその時、突然現れたゾンビの集団に彼女は囲まれてしまいました。彼女も危険だし、このままだとこちらにまでゾンビが攻めてきそう。このピンチにHoly Avatarが動きます!

「恐れる事はない。この偉大なアバターが橋を落せば、それで全て解決だ!」

ええ!? 言うが早いがCandyを待たずに橋を破壊するHoly Avatar。Candyは決心のジャンプをし、なんとかこちら側に避難することに成功しました。

今回はこういう形の、Holy AvatarがCandyに酷い扱いをするというギャグがちょこちょこありますね。片方が掴みどころのないキャラクターでもう片方の常識人が振り回されるというパターンで、例えて言うならば、うすた京介の漫画のような感じでしょうか。ガビーンという効果音が聞こえてきそうです。やられる方がCandyで女性ですから人によっては胸糞悪いかと感じる事もあるかと思いますが、そういう芸風だと受け止めておくのがよさそうです。 



divinity001255.jpg
さらに拠点にまで攻めてきたゾンビ達と

怪我をして動けないWendyを守りつつ、ゾンビの大群と戦います。とにかく敵が多くて大変な戦いですから、マップの各所に仕掛けられた火薬ダルのトラップを有効活用していきましょう。これは言葉のイメージで大体わかる通り、攻撃して破壊する事で周囲に大ダメージを与えます。上手いこと陣形を組んで敵を火薬ダルのそばに誘導できるかが勝負のキモになります。

ただこのタイトルは2と同じシステムを使っているからか、2と同じようにセーブロード関係のバグが多くて、この火薬ダルはデータをロードするたびに何度でも爆発します。タルがあった場所を覚えておいて、敵がそこに踏み込んだらクイックセーブ→ロードをしていれば、自ら手を下す必要すらなく敵を撃退することができてしまうのです。

これをやると経験値が入らなくなるというマイナスがありますが、勝てないという人はこれを利用してしまうのがいいでしょう。2からのバグをまったく直してないあたり、さすがGrotesqueシリーズだと別の意味で感心してしまいました。



divinity001256.jpg
最終決戦

ゾンビを撃退し、Voodoo Witchと最後の対決。あれっと思ったけど今回短いです。決戦前の会話でVoodoo Witchから衝撃の事実が。彼女はかつてHoly AvatarのMaidenの一人で、彼の取り巻きとして過ごすだけの人生に絶望し、闇の力に手を染めたというのです! そんなVoodoo Witchの本当の名前はMandy、かつて一緒に戦った事もある仲間でした。

いや、えーと、Mandyってコレやで? 変わり果てすぎだろ・・・

あまりの展開に気が遠くなってきましたが、冷静に考えれば前からずっとこういう展開だし突っ込んでいくとキリがないので最終決戦に入ります。戦い自体は特に注意すべき事もないかな、単体ターゲットで攻撃力が高いスキルを集中して叩き込んでいけば倒せるはず。Holy Avatarのリゾート島に平和を取り戻すのです!



クリア。なんというか独特の存在感を持ったシリーズで、最後までたっぷりと混沌を楽しむ事ができました。今回はやはり3というより外伝で、ストーリーもですがプレイ時間もシリーズの中で一番短い物ですね。ただその分バランスも取れていてテンポもよく、シリーズでは一番くらいに楽しむことできた気がします。1の見た目がどうしても受け入れられないという人なら、こちらを試してみるのもいいですね。

1からそうであるようにシステムは割と普通のSRPGだし、全力でオススメするわけではないですが個人的には好意的に見れるシリーズです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/311-ca03ece8