スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Wasteland 2 その18

Angel Oracle内をうろうろして、盗難事件は無事解決。また聞き込みをしているうちに、この町の内情についてもいろいろ知ることができました。人々の中にRobbinsonsという口調が乱暴目の人をちらほらと見かけたのですが、彼らはリーダーのTori Robinsonの元、マナー至上主義に反発してじわじわと勢力を伸ばしているそうです。Angel Oracleも完全な一枚岩ではないということか。



divinity001088.jpg
続いてゴキブリ発生事件について調査中

こちらも聞き込みのうちに、裏に勢力争いの図が見え隠れしてしてきました。さらに詳しく調べようと歩いていた時、突然警備兵に呼び止められてしまいました。なんと、先ほどのゴキブリを発生させた罪で捕まっていたチョビヒゲメガネの人物、Fletcherさんが逃亡したそうです。彼はこちらと話した後で逃げたため、一行も逃亡に一枚噛んでいるのではないかと疑いをかけられる事に。

疑いを晴らすためにはFletcherさんを連れ戻さねばなりません。さらにそれまでの間、人質としてパーティーの一人を彼らの監視下におかねばならないという事にもなってしまいました。・・・よし、出番だRalphy!



divinity001089.jpg
Ralphyを預けてさらに情報集め

Fletcherは敵対者に攫われたのでなければ、周りにいる味方の手引きで逃亡したはずです。そういうわけで関係者を中心に聞き込みを行った結果、彼の妻の口から事実と匿っている場所が明らかになりました。やはりこの事件はRobbinson一派の陰謀であり、連中が町の支配権を握るために計画していた事だったようです。

さっそく町のトップ、マナー道の第一人者であるミスターマナーに報告。ちなみに彼は許可が無いうちに会いにいくと、警備兵もろとも攻撃をしかけてきます。マナーにうるさいとかそういう問題じゃない気もしますが、見た目からして一味違うマナーっぷりになんとなく納得。あと聞き込みをしているうちに分かるのですが、彼というかこの町の人のタンパク源はかなりアレです。



divinity001090.jpg
Fletcherも連れ戻す

場所を教えてもらったFletcherの隠れ家に到着すると、家の周囲は多数のロボットに囲まれており彼の命は風前の灯になっていました。ここで彼に死なれるとRalphy君が危ない! 急いで突撃し、ロボットを蹴散らします。しかしロボットが増えてエネルギーウェポンの活躍が増えてきたなあ。今は使い手が1人しかいないけど、2人くらいはいてもいいように思えてきました。多すぎるとアーマー低い相手が出た時に困るから増やしすぎもよくないですけどね。



divinity001091.jpg
さらに旅へ

Fletcherを無事に連れ戻すことで、Ralphy君も釈放されました。そして真相を知ったミスターマナーの演説によってTori Robinsonの陰謀も知れ渡り、町は落ち着きを取り戻す事に成功。肝心のTori Robbinsonは、捕らえられる前に町から逃げ出して姿をくらませてしまいましたが、まずは一件落着としておきましょう。

事件解決によってAngel Oracleのラジオを使うこともできるようになり、さらに電波が強力になりました。これで人々の命を守るRangerの存在をよりアピールして行く事ができます。しかしそれに反発するようなNew Citadelの通信も入るようになり、衝突は必至の状態となってきました。そろそろ終わりが近づいてきましたね。気合いれて進めていくことにします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/12 22:47 ] PCゲーム Wasteland 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/265-c4a60f5b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。