スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Wasteland 2 その11

Ralphy君を加えて再びCanyon of Titanへ。彼は持ってる攻撃スキルが近接攻撃しかないので、ライフルでも持たせて育てようかな。どれだけかかるかわからんけど、早いとこ戦力になってくれよっと。



divinity001050.jpg
このエリアを押さえているカルトの皆さん

彼らは自分達をServants of the Mushroom Cloudと名乗っており、キノコ雲の名が示すとおり、この荒廃した世界を作り出した核ミサイルを神と崇めている宗教を作っています。はい、キチガイですね。もう帰りたくなってきましたが、ここを通り抜けないことには目的を達成できないから仕方なく会話を続けます。ここを通る人は、彼らブラザーを案内として同行させるのが絶対条件になっており、そうしていない者は殺されても仕方がないという扱いを受けるようです。

正直、あんまり仲良くしたくない相手だし皆殺しにして通ってもいいかなとも思いましたが、郷に入っては郷に従えということで、初めてのこの場はルール通り案内を請うことにしました。



divinity001049.jpg
ブラザー渾身のキノコ雲

核を崇める彼らの武器はもちろん核。Nuke Granedeなる武器を使っての自爆攻撃を得意とします。核手榴弾というか、核廃棄物の手榴弾という感じですが、まあどちらにしてもキチガイなのは変わりがないので、ドン引きしながら一緒に進んで行きます。

ここを通る他の旅人達もルール通りブラザーに同行してもらっているのですが、いざ敵が現れた時の自爆に巻き込まれて死傷したり、その自爆を生き残れたとしても、進んだ先でブラザーを連れていないと言う事を咎められて問答無用で殺されたりといった事故が多発しています。ルールがルールになってないだろ・・・ もしかしたらルール無用の荒野の方が安全なんじゃないの?



divinity001052.jpg
怪しげなポイント

この谷に足を踏み入れたすぐの所で、怪しい人影に会ったのですが、ここにはカルトに対抗して活動している集団、Diamondback Militiaも色々な所で活動しています。どちらかに着くのを選べるようですが、こちらも核の力を我が物にしようとしているだけで、別に正義の集団ってわけでもないんですよね。どうしたものやら。

また敵対関係ということで、案内のブラザーを連れている場合は敵と判断されて攻撃を受けます。ブラザーをフリーエイムで撃ち殺してから話をしてもいいけど、また後で別れてから戻って話を聞いてみようかな。



divinity001051.jpg
この緑色をしたのが放射性のブツです

ブラザー達の本拠地、Temple of Titanに入ってDamontaへ抜ける為には、彼らに貢物としてSludgeを捧げなければいけません。指定された数を調達して持っていけば門を通してくれます。Sludgeが入っているドラム缶は、大抵の場合近くにいるRaiderなどが所有しているものになっていますから、交渉するなり金を払うなりして集めて行きましょう。無論、殺してでも奪い取るという作戦もアリです。

ブラザーを連れていない場合、Raider達はすぐに攻撃を仕掛けてきて話はできないので注意が必要です。そういう時は遠慮なく経験値にしてもいいかなーとは思いますけど。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/21 21:57 ] PCゲーム Wasteland 2 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 22:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/254-e06db2b6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。