Wasteland 2 その4

今日もWasteland2をやりますか。



divinity001021.jpg
なにやら捕虜になっている人がいました

彼女の名はVulture's Cry、名前も見た目もインディアン系ですね。話を聞いてみると彼女は先ほど攻撃を仕掛けてきたRaider集団、Wrecking Clewのスパイだと疑われてここにぶち込まれたそうです。町にはDesert Rangerすら信用していない態度で接してくる余裕の無い人が何人かいたので、彼らの仕業でしょう。話す限りではいい人そうだし、ここに残しておくと酷い扱いを受けそうなので、勝手に牢を破って連れて行くことにします。

周りにいるガキどもに遊び道具を与えて追い払い、牢を開けて彼女を仲間に加わってもらいました。これで5人パーティーだ! 彼女は非力なもののスナイパーライフルを使い、アニマルウィスパー、パーセプション、アウトドアの3つのスキルをそれなりのレベルで持っています。この3つは彼女にお任せしようかな。仲間のスキル負担も減って他にまわせるから嬉しいです。



divinity001022.jpg
Highpool地下の施設

のんびりしてしまいましたがHighpoolの危機はまだ去ったわけではなく、Raiderの攻撃で故障してしまった水の調整システムをどうにか直さないと、町全体が吹っ飛んでしまうらしいです。Kateさんなる女性が直すのに奮闘していますからお手伝いしますよっと。

ここはちょっとパズルっぽい感じ、操作盤のレバーを倒すと、その番号に応じた数字のドアに通電し開くようになるのですが、一度に開けられるのは3つまでで、それ以上開けるとブレーカーが落ちて全てが閉じてしまいます。考えながら開けていきましょう。



divinity001023.jpg
本来の任務もこなします

地下の作業のついででラジオタワーの電源復旧にも成功しましたので、早速Repeater Unitを取り付け。言い忘れましたがクエストアイテムは持っているだけでは意味が無いものがあり、そういったものはアイテムを右クリックし、ホットキーに登録した状態でスキルと同じように対象を決めて使用する必要があります。アイテムの種類が非常に多いこともあり、よく見失ったり存在そのものを忘れてしまう事がありますから、クエストアイテムは手に入れた時点でホットキーに登録しておいた方がいいかもしれません。

より感度が上がった状態で本部との通信を取ろうとした時、突然、別の通信が割り込んできました。これまで聞き取れなかった謎の通信とやらかな。通信の内容はNew Citadelという教団らしき所が人を集めようとしている勧誘で、そこに行けば永遠の命やら黄金の未来やらが手に入るらしいです。胡散臭ぇ・・・ どこにあるのかは分かりませんが、さらに電波の感度を上げていけば割り出せる日が来るでしょう。それまではガンダーラ的な存在として記憶に留めておくことにします。



divinity001024.jpg
さらに探索

Ranger本部からは引き続きAG centerのラジオタワーを調べろとの指令が来たのですが、別に入ってきた通信によると既に壊滅してしまったようなので、まずはHighpoolの安全を確実なものにしておくためにWrecking Clewの拠点を攻撃しておくことにします。

5人になってさらに楽になり、手に入れたアサルトライフルやスナイパーライフルの射程のお陰で敵を血祭りに上げていくことができました。初期の4人以外のフォロワーは時々操作できずに勝手な行動を取り始めてしまう事があります。スキルのリーダーシップでこの発生を抑える事ができますから、このスキル持ちも一人は入れておきたいですね。

画像は見つけた石像、誰だこんなもん保存しといた奴は。悪趣味すぎるだろ・・・ たまにこういった特殊な石像や石碑などがあり、調べる事でパーティー全員のスキルポイントが+1されます。何故かは知りません。それがWastelandのルールです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/09 22:27 ] PCゲーム Wasteland 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/247-e99dc9af