スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リヴェロン統一記 その9

今日も戦闘を終えて島はほぼ完全に占領状態になってます。と戦闘面は一部を除いて普通にやっていれば勝てるのではしょっていますが、研究を進めつつ進軍して行って下さい。余った土地には適当に建物を建ててカードを得るのですが、一番よく使うのが傭兵カードなので、タヴァーンを多目に建てておくのがいいでしょう。

レイブンに戻るとプロスペラが困っていました。地方でリザードのカルト教団が小規模ながら反乱を起こしたようで、担当はヘンリーですが、相手がリザードということでエドモンドにも一緒に行ってほしいそうです。あの二人を一緒にか・・・



divinity000068.jpg
「愛すべき老婦人、我らがプロスペラですが、やはり老いて行くのを見るのは悲しいものですね。彼らが将軍と呼ぶ酒樽と一緒に任務にあたって欲しいそうです。腹立たしいと言うよりはもはや滑稽ですね。」

案の定嫌がってるエドモンド。プロスペラには比較的表現がマイルドですが、やはり皮肉をいれずにはいられないようです。ヘンリーのことは将軍とかいう酒樽呼ばわりですが。

もちろんヘンリーの方もエドモンドと組むのは嫌がって、一人で行かせて欲しいと頼んできます。しかしここは無理にでもチームで動く練習をしてもらうことにしました。
divinity000069.jpg
「練習だと?日が終わる頃には奴のタマでボーリングの練習をしているかもな!あの冷血な馬鹿が俺を無駄に悩ませているのは知っているだろう!命令には従うさ、司令官、だが俺達は反乱を鎮圧しに行くんだ、火に油を注ぎに行くんじゃないんだぞ!」

もう不安感しか沸いてこないレベルです。これは失敗だったか?



次のターン、二人が帰ってきました。ヘンリーから話を聞くと驚いたことに作戦は大成功だったようです。血の気が多い彼ですが、エドモンドとも喧嘩をせず、カルト教団の反乱者も力で押し付けずに、説得して無血で投降させたようです。エドモンドも彼の以外な手腕に感心しています。
divinity000070.jpg
「ヘンリーのような男があそこまで雄弁だったとはね。あの類人猿の頭蓋骨にも、わずかに残った脳細胞が必死になってしがみついていたんでしょうか。」

感心というより、馬鹿にしているようにも聞こえますが。日常生活でも使ってみたいフレーズですね。

なにはともあれ、珍しく全員が幸せな結果に終わったようです。よかったよかった。



divinity000071.jpg
と思ったら、一人だけ怒り狂ってました。本当に容赦が無いなこの人は。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/05 21:37 ] Divinity Dragon Commander 話題 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/23-66737abd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。