Ascension to the Throne Valkyrie その9

今日はRafaelがシールドを張る手伝いに行きます。せっせとAmazの町に戻ることに。今回のフィールド移動速度は非常に速くなっており、初期状態で前作での僧兵モードと互角になっています。おかげで長距離の移動も苦になりません。



divinity000908.jpg
シールドを張る手伝いでも、やることは基本戦闘

パワーアップした部隊で敵をなぎ倒していきます・・・といいたいところですが、敵も同じくらいというかこちら以上にパワーアップしているような・・・ このOlog-Shahは前作だと終盤の敵だった記憶があります。こちらのエースZagkhadarと比べてみてもシャレにならん能力差。

Speedが同じ同士での戦いの場合、編成画面での前列上から下、後列上から下という順番で味方と敵が交互に動いていくことになります。このあたりから相手にもSpeed15級のユニットがワラワラ出てきますから、編成を上手く使って先制攻撃で減らして行く事が大事になってきます。先に殴られたらほぼワンパンなので。



divinity000909.jpg
とりあえずバリア張りは成功

ただ乱戦の中でRafaelの姿が見えなくなってしまいました。バリアが維持されれているから命はあるのは確実のようですが。仲間の話では敵の魔術師に攻撃されたときに光とともに消えたそうで、どうやらワープか何かを使ったみたいです。短い間でしたが彼とはここでお別れ、また会うときがあるでしょう。



divinity000910.jpg
Dianaの城へ戻ります

おお、怪しいおっさんがいる! 彼こそがかの有名なアレキサンダーです。よく知らない人は前作の記事を参照してください。こうして見ると自信満々で無駄に凄そうな人ですな。

会話の後、彼を仲間に加えてAmazでの決戦に向かうことになりました。NPCだし足手まといかなと思ったけど、かなりいい能力を持っていますから戦力としても十分期待できます。まだ枠に余裕がある人は、ZagkhadarとAmazonでがっちり埋めておきましょう。



divinity000911.jpg
Jargとの決戦!

しかしこれまたひでえ能力だ。なんだよダメージ900のアーマー200って。嫌がらせのような能力差ですが、知略を駆使してなんとか倒していきましょう。さっきいった順番を意識すると上手く戦えます。

このエリアでの戦いは味方以上に敵も強くてこれまでで一番の難所に思えました。毎回損害が出るユニットを補充するのに宿屋で時間を送るのですが、5連続、10連続くらいで宿屋を使わないと補充が追いつかないほどです。1ユニットを補充するのには約1日を使いますから、1部隊10人とか損害がでるとひたすら連打することになります。戦闘も補充も実に厳しい時間を過ごしました。



divinity000912.jpg
Amazへの侵攻を阻止!

オーク軍団を打ち破ったものの、Jarg達は捨て台詞を吐いて船に乗り込み、スタートの国Annorthへと逃げていってしまいました。真の決戦は自分の国に帰ってからになるようです。船は全て乗られて持ち帰られてしまいましたから、別ルートで帰るための船を調達することになり、しばらくアレキサンダーと一緒に行動する流れに。

次はアレだな。Tokugawaさんだ。再び宿を連打して戦力を整え、次のエリアへと向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/219-31dee1e4