スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Incredible Adventures of Van Helsing その6 (完)

Van Helsingを遊んでいます。最近ちょっとプレイ時間が取れなくなってきて厳しいなと思いつつプレイ。長年続いているブログの人はすごいね。



divinity000836.jpg
後半になると戦いも安定してきました

カタリナさんと召喚メカで壁を作りつつ後ろから撃ちまくり、前衛が持っていかれたら逃げ地雷で時を稼ぐというスタイルを中盤から続けていたのですが、高レベル攻撃スキルにいまひとつ使えないものが多かったので、その分を消してメカの防御強化につぎ込んでみました。基本スタイルをそのまま延ばしたという感じですが、それだけにどっしりと安定した強みがあります。

ただ基本のグレネードは範囲攻撃もあって強いけど、敵が団体の場合最前列にしかダメージを与えられないことで、後列の遠距離攻撃に苦労するという事が多いかな。もっと深くえぐるような攻撃があるといいんだけど。



divinity000837.jpg
会話も相変わらず楽しい

ふよふよ浮いていた謎の精霊。

「生命、宇宙、全ての答えは?」

これはGoogle電卓の結果で一時期話題になっていた奴ですね。元ネタはSF小説だとか。パロディネタも豊富で面白いです。とりあえず42で行ってみようか。



divinity000838.jpg
とうとうProfessor Fulmigatiとの対決

Fulmigatiはマッドサイエンティストにふさわしく、いかにもな巨大メカに乗り込んで襲い掛かってきました。これは激しい戦いになりそうで腕がなります!とやる気満々で挑んだ最終決戦ですが、ぼっこぼこにされてしまいました。

Act1ボスのメカミミズと同じく、ここでも雑魚が一番の強敵でした。画像だとボスの周りに列になって並んでいる、小さいプロペラの雑魚がいますが、こいつらはスピードがかなり速い上に、瞬間着弾する電撃の飛び道具で攻撃してきます。1体1体は弱いものの、ボスにかまけているとすぐこのように10体以上並び、電撃の集中攻撃を撃ちこまれて瞬殺されまくりました。瞬間着弾ということで避けようがないし、これはレジストと吸収を積まないときびしそう。



divinity000839.jpg
対策してもう一戦

レジストてんこ盛りにした結果、今度は楽勝で勝つことができました。遠距離キャラということで防御を甘く見すぎていたようです。そして全ての戦いが終わったかと思いきや、偵察機と思しきヘリメカが対決の場から離脱し、謎の人物の元へ・・・
どうやらこの続きは2になるみたいです。



ハクスラ苦手ながら無事クリア。これは評判通りの良作でしたね。ゲームの作りは丁寧で、全ての要素が高いレベルでまとまっていて、大暴れしてのハクスラの爽快感を堪能できました。本格的にトレハンする人には少し物足りないという意見もありますが、自分くらいのライト視点だと大満足ですね。

あとカタリナさんのキャラクターが立っていて、かけあいが楽しいのもポイントです。役割としてはTorchlight2のペットと同じですが、やはり会話があると愛着の度合いが違います。コンビものの本や映画を観ているような感覚でも楽しめて、一粒で二度おいしいです。

気になったところは細かいところですが、瞬間着弾する飛び道具には困らされました。きちんとレジストを稼いで対策すれば問題は無かったのですが、それでも当てられる事が前提で避けようがない攻撃が多いというのはちょっとひっかかりましたね。

全体としてはかなり楽しめたので、また次回作もやってみようと思います。というかプレイ中に2の半額クーポンを貰ったので既に買っていたりします。近いうちにプレイしよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/201-92d60c98


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。