スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Grotesque Tactics 2 その10 (完)

Sir Silver達、女王の騎士をやむを得ず倒した一行。Zaraは他のギルドについても話していたから、残りの全員も同じ状態になっているとすると、大変なことになりそうな予感がします。



divinity000807.jpg
予感通り、エルフギルドも問答無用襲い掛かってきました

ここも6人、しかも全体的にさっきの6人よりも強めです。ここらあたりからは消費アイテムを惜しまずに使っていった方がいいと思います。まだまだボス戦は続くので使い切るくらいだと困りますけど、ここまできた人ならもう数十個単位で持っているはずなので、5,6個くらいは使っていいんじゃないでしょうか。

先ほどの戦いと同じように敵の数が多く、うち3人は遠距離攻撃の弓兵ですから集中攻撃されると一瞬でやられてしまいます。やはり攻撃される前にCCを全力で使っていくべきです。

さらにこの後、案の定というか傭兵ギルドの連中にも襲われました。こいつらは他ギルドに比べれば、倒すのにそれほど罪悪感は湧かないので迎え撃ってやりましたが、それでもちょっとどうなのこの展開という気分になってきますね・・・ 主人公ギルドで皆殺しですやん・・・



divinity000808.jpg
そして3つのギルドを打ち破り、集めたアイテムで扉が開きました

Zaraとの決戦、彼女は巨大なゴーレムと一緒に襲い掛かってきました! Zaraもゴーレムも強力な範囲攻撃スキルを使いますから、あんまり固まらないように分散して攻撃していきましょう。ここまでの6人対戦があまりにもキツかったので、例え相手が強力すぎるほどの2体であっても、頭数が減ったことでなんとなく楽になったような気分で戦えます。

見た目の通りゴーレムは耐久力があり、Zaraの方が手っ取り早く倒せそうですから、彼女の方を狙い気味にいったほうがよさそうです。Zaraを倒すと、彼女はまだ余裕をもった様子で逃げていきました。あれ、まだ最終決戦じゃないのか。



divinity000809.jpg
Zaraを倒しさらに奥に進むと、そこにいたのはPrincess Lasziva

Zaraは彼女にも何かの術をかけたのか、傍らにいるZaraに聞くと、そんなことはしていないと笑います。どうやら彼女が真の黒幕だったようです。盛り上がりたいところですが、なんせ唐突すぎてついていけません。彼女は本当のPrincessは石像にしてやって入れ替わったのだと語ります。

そこで会話に割って入ったDawnclaude、Solithaireはどうしたと問いかけます。おお、そういえばそんなこともあった。全く手掛かりが無かったからすっかり忘れてたよ。彼女は入り口にあった石像群を見なかったのかと聞き返し、その中に石にしてやったSolithaireもいるのだと、Dawnclaudeを絶望の淵に叩き落しました。



divinity000810.jpg
そして彼女はPrincessの姿を止め、真の正体を現しました

人を石にする能力、彼女の正体はメデューサだったのです! なんでメデューサがいるのとか、メデューサがこんな陰謀を計る理由はとかは、これまでの展開通り説明なしの模様なので、会話はそこそこに最終決戦に挑みます!

敵は大ボスであるメデューサのほか、再び登場のZara、さらに上位雑魚が4,5体という凶悪な編成。メデューサのところまで力を温存しようとせず、のっけから全力で戦っていく必要があります。最終決戦ということでポーションは全部使ってかまいませんから、最強技を使いまくってマナポーションを飲めばいいのです。

あとここは神殿の中ということで壁や柱などでマップが入り組んでおり、地形が第一の強敵になります。敵を止めるのはやりやすいのですが、こちらも集中攻撃がしにくいのでなかなか敵を倒せず、長引いているうちに敵のスキルが再使用可能になって大ダメージというパターンになりやすいです。囲めない場所にいる敵は、敵1体に複数回攻撃をするようなスキルを持っているキャラクターを当てて、なんとかダメージを稼いで行きましょう。

激戦の末、全ての敵を倒すのには成功したものの、一行は元の世界に戻ることができないようになってしまいました。多分戻れるかも?といういささか怪しいポータルに入って暗闇の中を進んでいきますが・・・



ようやくGrotesque Tactics 2をクリアしましたが、これはなんというか・・・1の無茶苦茶さ加減がさらにとんでもないことになっていますね。1の場合は闇の軍団を倒す!という解りやすい目標がある中での無茶苦茶だったのでまだついていけたのですが、今回は謎のダンジョンで謎の霧に襲われて、さらに謎のてんこ盛りと強引なクエスト導入がミックスされて、自分が何の為に何をしているのかもわからないまま戦い続けていた感じがします。

あと顔がリアル系になったことでかギャグも少なめで、ギルド皆殺しやSolithaireの件など、ちょっと後味悪い事が多かったのも気になりました。作者は何か新しい表現に目覚めたのかもしれません。これをプレイしおわった時の脳の混乱さ具合は、映画祭なんかに出るフランス映画などを観た時にもたまに感じるので、人によってはもしからしたら素晴らしい芸術作品だと感じるかも。

ゲーム自体はまあ普通に遊べるSRPGですから、そういうのが好きな人はプレイしてみるのもいいんじゃないでしょうか。でも総合してみると1の方が絵はアレでも、ゲームとしては楽しいかなと思いましたから、先に1をやる事をオススメします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/07 22:44 ] PCゲーム Grotesque Tactics 2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/193-69ee916d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。